【ニュース】新型 iPad Proが発売か?リーク情報をまとめる

Apple

Appleが2021,3,16にイベントを開催すると噂されています。

新型「iPad Pro」が発売されると言われているので、とても楽しみにしています。

当初は「iPad Pro」「iPad mini 6」「AirTags」が発表と言われてましたが、「iPad mini 6」ではなく「Magickeyboard」が濃厚とジョン・プロッサー氏は予測しています。

私のiPad Pro 11は2018年モデルと少し古いため、買い替えたい気分です。11インチのiPad Proは発表されないようで、けっこうショックを受けています。
(持ち運びにちょうどいいサイズだったのに・・・)

今回は新型iPad Proの発売前情報をまとめました。

スポンサーリンク

発売日と価格

2021,3,16のイベントでiPad Proが発表されれば、発売日は3月末くらいになると予想できます。例年通りであれば、イベントから数日後に予約開始、1週間後に発売されているからです。

価格も大きく変わるという情報のも見つけることができないため、現行品と同等と思います。

本体サイズと重量

2021,3,16のイベントでは12.9インチしか発表されないと言われています。デザインの変更はないようです。

参考までに、iPad Proのサイズと重量は下記のようになります。

Image Credit Apple

ディスプレイ

iPad Proは有機ELディスプレイでしたが、新型iPad ProはミニLEDディスプレイを搭載すると言われています。ミニLEDはコントラストや輝度に優れたディスプレイです。

CPU

CPUは「A14X」もしくは「A14Z」を搭載すると予測されています。このCPUはM1チップに匹敵するほどの処理性能があるようです。

ジョン・プロッサー氏は「iPad Proに対応したFinal Cut Pro、Logic Pro、Xcodeが登場する」と予想しています。

しかしマーク・ガーマン氏「iPad ProのXcodeが登場という情報は正しくない」と発信しています。

生体認証

所説ありますが、電源ボタンに指紋認証が搭載されるのでは?と言われています。コロナにより顔認証より指紋認証の需要が高まったこと、iPad Air 4で確立された技術になったことに由来しています。

私的には顔認証と指紋認証の両方を搭載して欲しい。

5Gに対応

iPad Proの5G対応はまず間違いないと思われます。5Gもミリ波かSub6のどちらに対応するかがポイントです。国内ではミリ波の環境普及の目途がたっていないため、Sub6の5Gしか使えません。

しかし、2021年モデルのiPad Proが5Gに対応したところで、国内でSub6の5Gが使える場所は一部です。

2023年以降にSub6が普及すると言われますが、その頃は2023年モデルのiPad Proが発売されるかもしれません。2021年のiPad Proが5Gに対応しても、恩恵を感じることができる環境が揃っていないでしょう。

MagicKeyboard登場?

新型MagicKeyboardが発表されるそうです。現行品とは表面素材が変わり、汚れに強くなります。

まとめ

新型のiPad Pro 12.9インチは見た目の変化は少ないようです。

処理性能が更に向上するため、iPad Proで行える作業が増えると思います。仮にFinal Cut ProやXcodeが使えるようになれば、クリエイターの作業は捗るかもしれません。

私個人的にはMacとiPadの使い分けが分からなくなってきます。MacとiPadのどちらも同じようなことができるのなら、片方を買えばいいのでは?と思うこともあります。

AppleがMacとiPadをどのように差別化してくかが、一番楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました