【レビュー】圧倒的な重低音!Razer Hammerhead Duo Consoleをレビュー

イヤホン・ヘッドホン

仕事やゲームに使用するボイスチャット用のイヤホンが欲しかったため、近所のグッドウィルに下見に行きました。リモートワークが普及したことで、イヤホンやヘッドホンのスペースが拡充されていて、見ごたえがありました。

RazerかHyperXを買う予定でしたが、実物のデザインを見て、Razerを買うことに決めました。

今回購入したRazerのHammerhead Duo Consoleはデザインが格好良く、重低音が強いイヤホンです。しばらく使ってみたので、レビューしていきます。

スポンサーリンク

Razer Hammerhead Duo Consoleの詳細

デザインとスペック

デザイン

Razerらしく、ブラックとグリーンの2色カラーのパッケージに入っています。

今回購入したモデルはブラック1色のタイプです。もう1色展開されていて、そっちはRazerカラーのブラックとグリーンになっています。

イヤーチップはカナル型で耳にフィットするので、周辺音を遮断できゲームに集中できます。

Razerマークはブラックで落ち着いたデザインになっています。もう1色のタイプはグリーンです。

右イヤホンのケーブルにコントローラーがあり、ミュート切替スイッチがあります。私が購入したHammerhead Duo Consoleはミュート切替ですが、他のモデルは音量調整や再生/停止が行えます。
(ミュート切替は今回購入したモデルのみ)

スペック

  • 本体:アルミ製フレームとブラックハーフ編組/ハーフゴム製ケーブル
  • 重量:約17g
  • マイク:搭載
  • 接続方法:有線接続
  • 端子:アナログ3.5mmオーディオジャック
  • ドライバー:ダイナミックとバランスドアーマチュアを搭載したデュアルドライバー
  • コントロール:ミュート切替(音量調整はなし、別モデルに搭載)
  • キャリーケース:付属

もっと詳しく知りたい方は、公式HPを参照してください。

Razer Hammerhead Duo Consoleの装着感

耳にフィットするため装着感は良く、密着性が高いため耳から外れません。イヤーチップは3種類付属しているので、自分に合ったイヤーチップに交換しましょう。

アルミフレームの本体は耳に付けたときに、少しひんやりとします。

ヘッドホンは首や肩が疲れますが、イヤホンは軽く長時間使用しても疲れません。

Razer Hammerhead Duo Consoleの音質

音質は高音域から低音域まで、しっかりと表現できます。さすがデュアルドライバー搭載だと感じました。

市販の音楽用イヤホンよりも低音域が強い思います。AppleのAirPods Proと比べると、明らかに低音が強調されていました。好みが別れるかもしれませんが、低音が強くサウンドに迫力があります。

音質はかなり良いので、低音好きな方におすすめです。

前モデルのRazer Hammerhead Duoとの違い

コントローラーが「ミュート切替」か「多機能ボタン」の違いになります。Consoleモデルは「ミュート切替」、通常モデルが「多機能ボタン」です。

ボイスチャットや実況配信はミュート切替の方が使いやすいため、好む方も多いと思われます。

まとめ

Razer Hammerhead Duo Consoleの音質は良く、不満を感じることはありませんでした。ネットの一部評価では、音質が良くないと言われていますが、音響マニアでなければ十分に高音質です。

Razerのゲーミングイヤホンに興味がわいたので、ワイヤレスも欲しくなりました。21年4月に発売した「Razer Hammerhead Ture Wireless Pro」を買うか迷っています。価格が約26,000円と高額なので迷い中です。

有線イヤホンを探している方に「Razer Hammerhead Duo Console」はおすすめできるイヤホンです。

購入検討中のワイヤレスイヤホン「Razer Hammerhead Ture Wireless Pro」です。

他のRazer製品レビューもしていますので、ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました