【レビュー】激安中華ゲーミングキーボードを購入!NPET K11をレビューします

キーボード

最近、Amazonで中華の激安ゲーミングキーボードを見かけていました。買うか迷っていましたが、激安なので失敗してもいいと思い購入した次第です。

少し使ってみて思ったのですが、2,000円でここまでの物が買えるのかという衝撃でした。

中華製にはめずらしく日本語配列に対応しているため、使い勝手も悪くありません。キーの入力などの基本操作は全く問題ないと思います。

今回はKPETのK11をレビューします。

NPET ゲーミングキーボード ワイヤレス 2.4GHz LED バックライト 7色 防水 usb 26キー防衝突 キーボード 無線 充電式 省電力 角度調節可能 2年間無償品質保証 キーキャッププーラー付き K11
NPET
¥2,699(2021/08/14 16:06時点)
【ご使用の前に、付属された電源ケーブルをキーボードに正しく挿して、しっかり挿すことを確認して、4時間ぐらい充電されることが必要です。USBハブが電圧不足なので、USBレシーバーをPCに挿して、USBハブに接続しないでください。ご使用中、電波妨害があるので、他のBluetoothデバイスを使用しないほうがいいです】【26キーロールオーバー】ロールオーバーというのは、普通のキーボードで複数のキーは同時に押したら、反応が出来ません。このゲーミングキーボードは、26キーを同時に押せでも、意図したとおりのキー入力が可能です。心地よいクリック音と軽いキータッチで高速入力できます。反応しない場合、ESC+Kキーを押してみて下さい。
スポンサーリンク

NEPT K11の詳細

デザインとスペック

  • 製品サイズ:44 x 14.5 x 3 cm
  • 重量:900g
  • キー配列:日本語テンキーあり
  • 無線:2.4GHz USBレシーバー付属

テンキー付きの日本語配列を購入しました。デザインは艶のあるブラックで統一され、シックな感じでいいと思います。重量もあり結構ずっしりとするため、2,000円と思えない出来栄えです。

背面の作りは安っぽさを感じますが、普段は見えない場所のため問題ありません。見えるところはしっかりと作り、見えない背面でコストを下げたと思われます。個人的に、この対応は評価されるべきだと感じています。

キーボードの傾きは2段階に調整が行えるため、自分にあったスタイルにて使用できます。

キーボードの上側に充電用のUSB-C端子と電源スイッチがあります。

キースイッチ

ゲーミングキーボードですが激安品のため、メンブレン式を採用しています。メカニカル式ではないので注意して下さい。

キースイッチのサイズはトップが12mmなので、タイピングは問題なく行えます。

キースイッチにアルファベットと日本語が併記されています。キー配列が少し特殊で、スペースの左右にある「無変換」と「変換」のキーがありません。そのためスペースキーが大きくなっています。

「Num」と「Caps」に加えて、「Win」のランプがあります。これはWinキーをロックすると点灯します。ゲーミングキーボードによくある機能で、ゲーム中の誤打を防ぐためにキー入力を制限できます。

キースイッチはRBG制御可能

キースイッチの発光はパターンで制御できます。

「Alt」+「LED」で3パターンのカラーに切り替えられます。
「Fn」+「LED」で点灯と呼吸するような点滅の2パターンに切替可能です。

静穏性は中々良い

メンブレンキーボードなので、打鍵音は気になりません。特別に静音性が高いとは思いませんが、一般的なキーボードだと思います。

キーボードの種類は下記リンクで紹介していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

たった2,000円程度でここまでのキーボードを購入できるとは思っていませんでした。中華製品の激安品も侮れないと思いました。

Apex Legendsを試しにプレイしてみましたが、動作は快適です。普通に使用するなら、全く問題ないと判断できます。

メーカーにこだわりがなければ、おすすめのゲーミングキーボードです。

e元素のキーボードもレビューしています!

NPET ゲーミングキーボード ワイヤレス 2.4GHz LED バックライト 7色 防水 usb 26キー防衝突 キーボード 無線 充電式 省電力 角度調節可能 2年間無償品質保証 キーキャッププーラー付き K11
NPET
¥2,699(2021/08/14 16:06時点)
【ご使用の前に、付属された電源ケーブルをキーボードに正しく挿して、しっかり挿すことを確認して、4時間ぐらい充電されることが必要です。USBハブが電圧不足なので、USBレシーバーをPCに挿して、USBハブに接続しないでください。ご使用中、電波妨害があるので、他のBluetoothデバイスを使用しないほうがいいです】【26キーロールオーバー】ロールオーバーというのは、普通のキーボードで複数のキーは同時に押したら、反応が出来ません。このゲーミングキーボードは、26キーを同時に押せでも、意図したとおりのキー入力が可能です。心地よいクリック音と軽いキータッチで高速入力できます。反応しない場合、ESC+Kキーを押してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました