【レビュー】Logicool MX Anywhere 3 コンパクトながらも、しっかりとした使い心地 

マウス
Image Credit Logicool

LogicoolのハイエンドモデルMXシリーズを新たに購入しました。MX Anywhere 3が20年10月29日に発売され、シリーズ3作目になります。

MX Anywhereシリーズはとても評判がよく、愛用している人が多いマウスです。MX Anywhere 3は評判通り使いやすく、購入して正解だったと思います。

MX Anywhere 3が前モデルのMX Anywhere 2Sから何が変わったのか、同時に発売したMX Anywhere 3 for Macと何が違うのか紹介します。

スポンサーリンク

MX Anywhere 3の詳細

デザイン

ホワイトをベースカラーとした美しいデザインです。サイドに2つのボタンがあり、様々な設定を行えます。

ホイールは金属製で手触りがよく、ホイールを回すとカリカリと音がします。この音が非常に心地よい音で、ずっと回したくなります。

流線型のデザインで手に馴染みやすく、素晴らしいデザインです。

スペック

マウス

  • 高さ: 34.4mm
  • 幅: 65mm
  • 奥行き: 100.5mm
  • 重量: 99g

USB レシーバー

  • 高さ: 18.4mm
  • 幅: 14.4mm
  • ケーブル長: 6.6mm
  • 重量: 2g

その他

  • ボタン数: 6個
  • 電池寿命: 1回のフル充電で最大70日使用可能。1分間の急速充電で3時間使用可能。
  • マルチデバイス: 最大3台のデバイスに接続可能。
  • Logicool Flow対応
  • 充電端子: USB-C

MX Anywhere 3の設定について

Logicool Optionsをインストールすることで、MX Anywhere 3の設定を変更することができます。

MX Anywhere 3はMX Anywhere 2Sから何が変わったか

充電端子がUSB-Cに変更

「MX Anywhere 3」の充電端子はUSB-Cに変わりました。「MX Anywhere 2S」まではmicroUSBでしたが、USB-CになったことでUSBケーブルを統一することが可能です。

MagSpeedホイール対応

MagSpeedホイールはラチェットモード(通常のホイール回転)ではホイール回転時に抵抗が生まれます。逆にフリースピンモード(高速のホイール回転)はホイール回転時の抵抗がなく高速回転が可能です。

MX Anywhere 3とMX Anywhere 3 forMacの違い

付属しているUSBケーブルが違います。「MX Anywhere 3」はUSB-C to A、「MX Anywhere 3 for Mac」はUSB-C to Cです。MacはUSB-Aがついていないことの配慮になっています。

「MX Anywhere 3 for Mac」は接続方式がBluetoothのみになりました。「MX Anywhere 3」であれば、BluetoothとUnifyingの2種類でしたが、1種類になっています。「MX Anywhere 3」でもMacで使用できますので、あえてfor Macを買う必要は感じません。

MX Anywhere 3の使い心地は?

使い心地は非常に素晴らしいです。さすがLogicoolのハイエンドモデルだと思います。

手にもってみるとわかりますが、しっとりとして高級感があります。MagSpeedホイールが使いやすく、フリースピンモードの高速回転はとても便利です。

まとめ

どんな人にもおすすめできるマウスといえます。デザインもよく高級感があり、ハイエンドモデルのMXシリーズにふさわしい作りです。

デメリットは価格だと思います。マウスに1万円以上だせば、もっと性能のいいマウスがあります。同じMXシリーズのMX Master 3などがおすすめです。

MX Anywhere 3はコンパクトなハイエンドモデルという扱いなので、家や職場で使用する人は他のマウスが良いと思います。

出張など外出時にマウスを使用したい人におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました