【レビュー】RAVPOWER RP-PB201 20000mA 大容量モバイルバッテリー

レビュー

外出先でiPhone、iPad Pro、Macbook Proを使うことが多いため、モバイルバッテリーを持ち歩いています。バッテリーが切れて使えなくなってはプライベートも仕事も進まないので、必需品として使っています。

私はiPad ProやMacbook Proを充電したいので、それなりの出力W数が必要です。これから紹介させて頂くモバイルバッテリーは60W出力、PD対応の30W入力による充電が可能です。

モバイルバッテリーは、私にとってなくてはならないため、ある程度こだわりを持っています。みなさんが購入する時の参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

外観

マット仕上げのブラックでとてもかっこいいです。側面にはバッテリー残量を表示できるインジケータが付いているので、バッテリー残量を確認することができます。20000mAのモバイルバッテリーのため、それなりの大きさと重さです。

サイズ:約 151.7 x 66.7 x 25.2 mm、重量:約 371.7 g

私の中でモバイルバッテリーを買うなら、AnkerかRAVPOWERの2択と思っています。

20000mAの60W出力に対応している。

大きい、重い

製品スペック

入力仕様

  • 入力ポート:1 ポート (USB Type-C:入出力兼用仕様)
  • 満充電時間:最短約 3 時間 (USB Power Delivery対応の30W充電器で充電した場合)

出力仕様

  • 出力ポート:2 ポート (USB Type-C、USB Type-A)
  • USB Type-Cポート出力 (USB Power Delivery対応):最大60W (5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A)
  • USB Type-Aポート出力 (Quick Charge 3.0対応):最大18W (5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
  • 合計最大出力:最大60W (USB Type-Cポート PD 45W + USB Type-Aポート 5V/3A)

内容を要約すると、20000mAの大容量バッテリーで、60W出力が可能なためノートパソコンも充電することができるということです。60W出力であれば、Macbook Pro13やSurface Pro7を充電することができます。iPad Proは12.9インチでも、18W充電なので楽勝です。つまりノートパソコン15インチクラスでなければ、何でも充電可能ということなんです。すごいですよね。

高出力のため、いろいろな機器の充電が可能

私の感想

Macbook ProとiPad Proを同時に充電することができるため、私の使用用途ではバッチリです。少しサイズが大きいのと重さが気になります。それを踏まえても買って良かったです。

ただスマホの充電用モバイルバッテリーを検討している人には向きません。過剰スペックですので、もう少しサイズの小さいモバイルバッテリーが良いと思います。

こんな人にオススメ

  • 外出先でノートパソコンなど大容量バッテリーを充電する必要がある人
  • USB Type-Aポート出力、USB Type-Cポート出力充電を同時に使う人
  • とりあえず1つは大容量のモバイルバッテリーが欲しい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました