【レビュー】iPhone 15 Proをレビュー、カメラ性能やゲーム性能を調べました。

スマホ

iPhone 13 Pro MaxからiPhone 15 Proに買い替えました。Pro Maxシリーズは家で使う分には良かったのですが、持ち運びには向いていません。

最近のAndroidスマホも大型化しているので、Pro Maxだけが特別大きいわけではないのですが・・・

今回は、2023年に発売したAppleの「iPhone 15 Pro」をレビューします。

Apple iPhone 15 Pro (256 GB) - ブラックチタニウム
Apple(アップル)
¥174,800(2024/06/16 09:10時点)
チタニウムデザイン — iPhone 15 Proは、強くて軽い航空宇宙産業レベルのチタニウムデザインを採用。背面には、テクスチャードマットガラスを。前面には、どんなスマートフォンのガラスよりも頑丈なCeramic Shieldを。防沫性能、耐水性能、防塵性能も備えています。
スポンサーリンク

iPhone 15 Proのデザイン

基本的なデザインはiPhone 11 Proから変わっていません。カメラ部分がシリーズごとに大型化しているので、存在感はかなり有ります。

音量ボタンの上にある「アクションボタン」は消音切替だけでなく、色々な機能を割り当てることができます。

右側面は電源ボタンのみです。側面がチタンになって指紋が目立ちにくくなりました。

iPhone 15 シリーズはついにUSB-Cに変わりました。Lightningの呪いがようやく解放されましたね。

カメラ部分はとても大きく存在感があります。あとカメラの厚みもあって、机に置くとガタガタします。

Pro Maxシリーズを使うと本体サイズが大きいので、カメラが大きくても気になりませんが、Proシリーズだとカメラがかなり大きい。

iPhone 15 Proのスペック

サイズと重量

  • サイズ:幅70.6mm × 高さ146.6mm × 厚さ8.25mm
  • 重量:187g
  • チタンフレーム

ディスプレイ

  • ディスプレイ:6.1インチ OLEDディスプレイ
  • リフレッシュレート:120Hz

防塵防水性能

  • 防塵防水性能:IP68等級

チップ

  • チップ:A17 Proチップ (6コアCPU、6コアGPU)

カメラ

  • 広角:48MP、24mm、ƒ/1.78
  • 超広角:12MP、13mm、ƒ/2.2
  • 3倍望遠:12MP、77mm、ƒ/2.8
  • インカメラ:12MP、ƒ/1.9

その他

  • Face ID(顔認証)
  • おサイフケータイ機能
  • Dynamic Island

ベンチマークで測定

ベンチマーク結果をまとめているサイト様があるので、参考にさせて頂きました。
masalog(マサログ)

iPhone 15 Proは「A17 Pro」を搭載しているので、AntutuならSnapdragon 8 gen 2並みの性能です。

Antutu Benchmark

さすがの性能ですよね。これで困る人はいないと思います。

Geekbench 6

iPhone 15 Proのゲーム性能

ゲーム性能は非常に高く、高負荷の3Dゲームをしても余裕です。

Call of duty: Mobile

めっちゃ快適です!

ただ、Dynamic Islandに対応できていないせいで、画面が見切れてしまいます。

赤丸で囲ったようにDynamic Islandにある射撃ボタンや、画面四つ角も文字が見切れます。早く修正して欲しいです。

GRANBLUE FANTASY (グラブル)

原神の動作環境は色々なYoutuberがレビューしているので、少し趣向を変えました。

私が9年間も遊び続けているグラブルは動作も余裕で、Rank上げの高速周回もカクつかずにキビキビ動きます。

iPhone 15 Proのカメラ性能

iPhone 15 proのカメラは優秀なので、細かい設定せずにオートで撮影しています。

神社

広角1倍
超広角0.5倍
光学ズーム3倍
デジタルズーム15倍

とても綺麗ですね!

さすがにデジタルズーム15倍の画質は荒くなりますが、それなりに使えると思います。

広角1倍
マクロ撮影
光学ズーム3倍

濃い色の撮影も綺麗に取れています。普段使いするカメラスマホとして十分なカメラ性能です。

iPhone 15 シリーズへ買い替えはありか?

結論から、iPhone 15 シリーズへの買い替えは有りだと思います。やっぱりLightning端子からUSB-C端子に変わったことで、接続できる機器の幅が広がりました。

Image Credit Apple

Appleの公式HPを見ると「みんなうれしUSB-C。」と書かれていて、まるで皮肉にしか思えません。昔から皆んな思っていたんですよ…

充電はワイヤレスを使っているので、さほどUSB-Cの効果を受けられていません。早いとこAndroid並みの急速充電に対応して下さい。

私はiPhone 11→13→15と一つ飛ばしで最新型式を購入しています。今回の15シリーズもLightning端子のままだったら買わなかったと思います。

ただし、すでに13 シリーズか14 シリーズを持っていて、iPhoneに外部機器を接続しない人は、15 シリーズに買い替える必要はないでしょう。

iPhone 15 Pro の価格

iPhone 15 Proの価格情報をまとめます。価格はApple公式HPのSIMフリーモデルです。
※2024年01月02日 情報

  • 128GB:159,000円
  • 256GB:174,800円
  • 512GB:204800円
  • 1TB:234,800円

相変わらず、ストレージ容量を増やすと価格もかなり上がりますね。私は128GBモデルを買っていますが、256GBモデルが一番無難かなと思います。

私のようにクラウドサービスを利用している人や、写真は撮るけど動画撮影をしない人は128GBもおすすめです。ただ、最近のゲームは容量が大きくて原神やウマ娘は30GBも必要になります。

資金に余裕があれば256GBをおすすめします。

iPhone 15 Pro を使った感想

iPhoneはデザインの良さスペックの高さも相まって、とても完成されたスマホです。そのためか、新シリーズが発表されても代わり映えしなくなったと感じます。

迷ったらiPhoneを買えば間違いないと思いますが、昔ほど物欲を湧き立たせることはありません。USB-Cに変わって利便性が上がったといっても、AndroidはUSB-Cが当たり前なので、なんだかなぁという感じです。

スマホの進化が頭打ちになって、Apple以外のメーカーもカメラ性能しか変化がないように思えます。2024年は新しい進化が見られることを期待しています。

Apple iPhone 15 Pro (256 GB) - ブラックチタニウム
Apple(アップル)
¥174,800(2024/06/16 09:10時点)
チタニウムデザイン — iPhone 15 Proは、強くて軽い航空宇宙産業レベルのチタニウムデザインを採用。背面には、テクスチャードマットガラスを。前面には、どんなスマートフォンのガラスよりも頑丈なCeramic Shieldを。防沫性能、耐水性能、防塵性能も備えています。
スマホレビュー
スポンサーリンク
シェアする
シュウをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました