【レビュー】安価で使いやすい赤軸のメカニカルキーボード「Logicool Signature K855」を購入

キーボード

有線のLogicool K835をワイヤレス化したLogicool Signature K855を新しく購入しました。Logicool Signature K855は赤軸のキースイッチを採用した高コスパなメカニカルキーボードです。

Logicool Signature K855はWin/Macの両OSで使うことができるキー配置と、最大で3台までのデバイスと接続でき瞬時に切り替えることができます。

今回はLogicoolから発売された赤軸のメカニカルキーボード「Logicool Signature K855」を紹介します。

スポンサーリンク

Logicool Signature K855の詳細

デザイン

Signature K855はテンキーレスタイプのメカニカルキーボードで、特殊なキー配置もなく無難で使いやすい日本語配列です。

キースイッチに日本語も印字されているため、誰にでも使いやすいと思いますが、デザイン性は微妙かなと感じました。

 背面はプラスチック素材を使っているので本体重量は軽めですが、ずっしりとくる高級キーボードの感覚はありません。もう少し高級感が欲しかったなと思います。

キースイッチの高さは一般的なメカニカルキーボードと変わりないと思います。メンブレンやメカニカルに慣れている人は違和感なくタイピングできます。

スペック

  • 高さ:138.8mm
  • 幅:355.2mm
  • 奥行き:38.8mm
  • 重量(電池を含む):692.4g
  • 接続タイプ:Bluetooth 5.1
  • 電池寿命:最長36ヵ月
  • メカニカル スイッチ:赤軸
  • Easy-Switch:最大3台のデバイスを切り替え可能

Logicool Signature K855の特徴

コンパクトでスタイリッシュなデザイン

Image Credit Logicool

Logicool Signature K855はキーボードの右端にテンキーがないテンキーレスモデルです。テンキーレスはキーボードがコンパクトになること、キーボードとマウスの距離が近くなることで、マウス操作が快適になります。

ゲーミングキーボードに採用されることが多いのですが、Logicool Signature K855にも採用してくれました。

TTC製赤軸スイッチ

Image Credit Logicool

キースイッチはTTC製の赤軸を採用していて、優れた打鍵感を実現しています。

有線モデルだったLogicool K835はなぜか青軸搭載のモデルしかAmazonや家電量販店にしかなく、赤軸モデルはLogicoolの公式HPから買う必要がありました。

Logicool Signature K855は赤軸モデルしかないので、間違えて青軸を買ってしまうこともなくなります。

Easy-switch搭載

Image Credit Logicool

リモートワークが普及した今では、あるととても便利な機能になりました。Easy-switchは1台のキーボードで3台までのデバイスにペアリングでき、ボタン1つで接続先デバイスを瞬時に切り替えられる機能です。

私は仕事用PCと自宅用PCの2台を、1台のキーボードで使いたいので、Easy-switchが搭載されたキーボードを必ず買うようにしています。

Logicool Signature K855を使ってみた感想

ワイヤレスのメカニカルキーボードとしてはコスパがいい

Logicool Signature K855は約13,000円で購入できる、割とコスパのいいメカニカルキーボードです。Logicool K835をワイヤレスにしたモデルで、有線のLogicool K835よりも取り回しが便利になりました。

あと、有線のLogicool K835のキースイッチは青軸のみで残念でしたが、今回のLogicool Signature K855は赤軸になったので、とても使いやすくなったと思います。

有線のLogicool K835のレビューはこちら

単4電池2本で最長36ヶ月持つ

Logicoolの公式HPに電池寿命は最長で36ヶ月持つと書かれています。

充電式のキーボードだと数ヶ月使えばバッテリー残量0%になりますが、乾電池式は1回交換するくらいです。キーボードは2年くらい使えばキーの表面が汚れるため、私は4年〜5年も使い続けることはありません。

仮に乾電池を交換するとしても、乾電池は汎用性の高い単4乾電池です。バッテリーが切れても困ることはないと思います。

赤軸だけど意外にうるさい

赤軸のメカニカルキーを購入したのですが、キーの打鍵音が強めです。キースイッチを押し込んだ時に底打ちする感があり、タイピング時にカッカッと音がします。

青軸のキースイッチのようなカチカチ音はありませんが、静音性という意味で赤軸のキースイッチを買った人には物足りないと感じます。オフィスで横の人が使っていたら、打鍵音でイラッとするかもしれません。

また、キースイッチの底打ちによる指への衝撃もあって、長時間使用していると指が疲れてきます。ライターなどヘビーに使う人はもう少し指に優しいキーボードがおすすめです。

静音リングを付けると多少は緩和される

Cherry MX用の静音リングを付けたら、少しはタイピング音が気にならなくなりました。どこの静音リングがいいか分かりませんが、1,000円の物がおすすめです。

あまり安い物は全く効果がありません。

YouTube

YouTubeでも紹介しています。

まとめ

Logicool Signature K855は全体的によくまとまったメカニカルキーボードだと思います。赤軸のキースッチを採用していつつ、ワイヤレスにも対応していて、13,000円は悪くない価格です。

底打ちしている感覚はありますが、打鍵感も良いのでしっかりと使っていけそうです。ただ、赤軸キーの割に打鍵音が大きいのはなんとかして欲しい。赤軸を選ぶ人は静音性を求めているため、購入者からすると残念だと感じます。

co2CREA 収納ケース 互換品 Logicool ロジクール SIGNATURE K855 テンキーレス メカニカル ワイヤレス キーボード(ケースのみ)
co2CREA
¥2,999(2024/05/19 23:59時点)
ロジクール SIGNATURE K855 キーボード 収納ケースは、ロジクール SIGNATURE K855用に特別に設計されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました