【ニュース】「povo2.0始動!!」が9月下旬に登場予定。何が変わるのか調査します。

povo
Image Credit povo

9月下旬にpovoが1.0から2.0に更新されます。2021年は3大キャリアから格安プランが発表されており、2020年に比べると随分と安くなりました。

私はauをずっと使っていたので、povoに切り替えています。これまでは、3大キャリアが定めたプランを利用するしかできませんでしたが、今では色々な格安SIMを使用することで割安で使えます。

今回はpovo2.0について調べました。

スポンサーリンク

povoとは

povoはauが展開している格安ブランドです。docomoは「ahamo」、SoftBankは「LINEMO」というように、各キャリアからも展開されています。

価格やプラン内容はpovo、ahamo、LINEMOと大差ありません。

povo1.0の内容

現在展開されている「povo1.0」のプランは下記になります。

Image Credit povo

povoの特徴はトッピングという形式をとっており、5分以内通話かけ放題が外されていることです。またLINEMOも同様にかけ放題は別プランにしています。

Image Credit povo

電話を多用する人向けにトッピングでかけ放題が用意されているので、個人の使用用途に合わせて使い分けるといいでしょう。

私用スマホにpovo、仕事スマホにLINEMOを契約していますが、私用スマホのpovoはLINEしか使わないので、かけ放題は外しています。

そのため、月の契約費用は2,480円で済むので財布に優しいと思います。反対に仕事用スマホのLINEMOは5分かけ放題に契約しており、通話割引を利用している状況です。

povoはデータ追加のトッピングも可能なので、仮に20GBで足りなければ追加できます。自宅にWiFi環境を整えているので、基本的に月20GBあれば全く問題がなく使いきれていません。

Image Credit povo

データ使い放題24時間はWiFiが使えない時などに便利なトッピングだと思います。

povo2.0について

povo2.0の特徴はオールトッピングによる、基本料金ゼロから始められることです。

オールトッピングとはいえ、プランとしては複雑ではありません。基本にトッピングは3種類が行え、「データトッピング」・「コンテンツトッピング」・「通話トッピング」があります。

この3種類から好きなプランを選ぶだけなので、難しくはないと思います。各トッピングについて見ていきましょう。

データトッピング

Image Credit povo

ほとんどの人がデータトッピングで悩むことになると思います。

私個人的には3GBと20GBのプランを選ぶ人が多いのではないかと思っており、私が追加契約するとしてもこの2プランから考えるはずです。

サブスマホとして安く使用したい人でも1GBはかなり制約がかかりキツいと思います。以前、他の格安SIMで1GB契約していましたが、まともに使えませんでした。

私の経験上、データを使用しないサブスマホは3GBがおすすめです。

正直なところ、10GBプランが欲しいと思っています。20GB契約していますが、使いきれていないため13GBほど余剰です。私はブログを喫茶店などで書くことが多くテザリングを利用していますが、それでも20GBは使ったことがありません。

動画などを頻繁に見ない人なら、メインスマホでも3GBでいいと考えます。

コンテンツトッピング

Image Credit povo

「DAZN」と「smash」を使い放題で契約できます。これらのサービスを使っている人におすすめです。

通話トッピング

Image Credit povo

電話をしっかりと使いたい人向けのトッピングです。プライベートではLINE通話を使用している人でも、仕事は一般通話を使う人も多いと思われます。

私もその一人で、仕事は一般通話を用いるのでかけ放題をつけないと、通話料金が2,000円を超えてしまいます。何のために格安プランに契約しているか分からなくなってしまうので、月の通話料金はしっかりと把握するべきです。

日々の通話時間を考えるとほとんど5分以内が多く、たまにしか5分を超えません。通話が長くなるようなら、会社の外線かTeamsなどのボイスチャットを使っています。

それと、特に長電話になるようなメンバーはLINEを知っているので、LINE通話で済ませています。

まとめ

今回の「povo2.0」はデータ容量を20GBも使わない人向けに、作られたような感じです。確かに20GBを全部使い切る人は中々いないと思います。

2021年はスマホ料金が大きく改定された年です。契約しているプランを見直すことで、月に数千円のコストダウンになります。ただし格安SIMは店頭サービスがなく、個人で全て対応しなければいけません。

しかし、1度契約プランを見直せば早々変更することはないはずです。この機会に手間でも見直してみてはいかがでしょうか。

詳しく知りたい方は公式HPを参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました