【レビュー】Ryzen5 3400G搭載 ミニPCの性能検証

レビュー

私は今までintelを使っていましたが、Ryzenを使ってみたいと前から思っていました。

Ryzen5 3400Gが¥20,000ほどで売られていることもあり、定番ベアボーンPCのDesk Miniを作ろうとAmazonでパーツ探しをしていました。

ですがOSなど足していくと、まあまあな金額になってしまったので、これなら買った方が安いかなと思って、Amazonで探してみると結構スペックの良い中華製ミニPCが見つかりました。

試しに購入してみましたので性能検証します。

スポンサーリンク

そもそもRyzenとは何か

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)社が開発したCPUのブランド名です。

高性能であり、低価格なCPUです。最近とても人気が出ていて、自作PCにRyzenのCPUを使用する人が多くなっています。

Ryzenは高性能・低価格で自作PCに人気です

購入した中華製ミニPC「ProfessionalPCのProEX02A」詳細

  • CPU:AMD Ryzen 5 3400G 最大ブースト4.2GHz
  • メモリ:8GB DDR4-2666MHz
  • ストレージ:超高速M.2 Nvme SSD 250GB
  • グラフィックス: Radeon Vega 11 Graphics
  • 1903最新バージョンWindows10 Pro 64bit 搭載(プロダクトキー付き)
  • 2019最新発売 Office Professional Plus 2019搭載(プロダクトキー付き)
  • 無線WIFI & BlueTooth内蔵
  • I/Oインターフェイス: 4xUSB3.0、2xUSB2.0、1x有線LANポート、1xHDMI、 1x音声出力、1x音声入力、1x給電DCポート、1xCOMポート
  • サイズ:H×W×D 207×192×60

なんとストレージにM.2 Nvme SSDを搭載しているんです!

ACアダプターの大きさはなかなかの物です。本体が小さいだけに残念です。

Amazonで¥59,980(2020.08.25時点)にて販売されています。

この価格でWindows10 Proが搭載されていて、ビジネス向けのOffice Professional Plus 2019(永続ライセンス)が付いてるとは正直驚きです。

私は追加でメモリを8GB増設して、16GBで使用しています。

8GBでもOfficeなどはサクサク動きますが、メモリは16GB以上積む派なので追加しただけです。

通常は必要ないと思います。

ストレージにM.2 Nvme SSDを採用、Windows10はHomeではなくProが搭載

ACアダプターがちょっと大きい

Ryzen5 3400Gの性能

  • コア数:4
  • プロセス:8
  • ソケット:AM4
  • 定格クロック:3.7GHz
  • 最大クロック:4.2GHz
  • TDP:65W
  • 内蔵GPU:Radeon RX Vega 11

Ryzenシリーズの末尾にGが付くモデルは内蔵GPUが搭載されています。内蔵GPUが搭載されたCPUはAPUといいます。

内蔵GPU搭載モデル、軽いゲームなら動作可能 (GPU性能は高くない)

私の感想

OfficeやYouTubeを使用する程度であれば、まったく動作に問題はありません。快適そのものです。PCでゲームや動画編集などの重たい処理をさせないのであれば、十分なスペックを持っているといえるでしょう。

PC本体がとても小さいので、場所を取らないことも良いです。メインPCがNZXTのPhantom820 GM スーパーウルトラタワーを使っているので、本当に大きい(邪魔)です。当時ゲーミングPCは大きい方がカッコイイと思っていたので買いましたが、個人的には小さいPCの方が良いと思います。(しかもメインPCのケースは¥30,000します・・高い!)

初めてのRyzen搭載PCを使用しましたが、非常にコスパがいいです。人気がでる理由がよくわかりました。

事務用途や動画観賞には十分なスペックで、ストレスは感じないと思います

次回はメインPCと比較してみる

メインで使用しているPCと性能比較をしたいと思います。メインPCは5年くらい前に自作した物です。
PCが古くなり買い替えを考えている人向けに、5年でどの程度性能が変わったのか検証していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました