【レビュー】SONY wena3をレビュー。普通の時計がスマートウォッチに変身!

スマートウォッチ

SONY wena3を購入しました。前評判が悪く、価格も高いので買うかどうか非常に悩む日々…

購入の決め手になったのは、会社の先輩が使っていたことです。先輩曰く「通知確認だけなら問題ないよ。役割が唯一無二だから代替えがないし。」と言っていました。

SONY wena3の魅力は、普通の時計をスマートウォッチに変えられることです。

私はスマホを2台持っており、片方のスマホしかスマートウォッチで通知がとれません。そこで、スマートウォッチにwena3を組み合わせれば、スマホ2台の通知が取れるのでは?と考えました。

今回は、SONY wena3のレビューをします。

ソニー ウェナ SONY wena スマートウォッチ 電子マネー Suica Alexa搭載 活動量計 iOS/Android対応 wena 3 metal Premium Black WNW-B21A/B
ウェナ(Wena)
¥38,500(2021/05/30 10:23時点)
こちらの商品は、wena 3 のバンド部分のみです。(ヘッドは別売り。) wenaは世界で初めて*バンド部分にスマートウォッチとして必要な機能、電池などを集約したスマートウォッチです。(*腕時計のバンドの中に電子部品を組み込んだ商品として。 wena project調べ。)
スポンサーリンク

SONY wena3の詳細

デザイン

外箱は黒色で、落ち着いたデザインです。

内箱は白色を基準としており、かなり高級感のある箱です。

すごい高級感があります。今まで購入したスマートウォッチで1番です。

wena3の正面です。ディスプレイを搭載しており、通知の確認ができます。

wena3の背面です。充電端子や脈拍などを測定するセンサーがついています。

ディスプレイはシンプルで、3つまで表示させたいアプリを選べます。

スペック

  • 重量:80g
  • ラグ幅:22mm
  • カラー:metal Premium Black
  • 接続方式:Bluetooth
  • 充電:USB Type-C(専用コネクタ必要)
  • 連続使用可能時間:1週間
  • Alexa:搭載
  • 電子マネー:対応 ※Androidは要注意
  • 発売日:2020/11/27

充電は専用コネクタにUSB Type-Cケーブルを挿して使います。

wena3充電専用コネクタ

お気に入りの時計をスマートウォッチ化

スマホの通知は取りたいけど、色々な機能とか必要なくない?という人に向いています。

wena3は時計のバンドを、スマートウォッチ化できる画期的な製品です。持っているお気に入りの時計をスマートウォッチ化でき、wena3も高級感があるため時計の品も崩しません。

私はApple WatchにSONY wena3を組み合わせて、スマホ2台分の通知を受けられるようにしています。とても便利なので、この組み合わせ以外考えられません。

Apple WatchとSONY wena3の組み合わせ方は別記事で書く予定です。

レビュー書きました↓

Android端末のみでは電子マネーが使えない

wena3はIOSでしか電子マネーのセットアップができません。

これは本当に改善して欲しいです。中華製の安物なら問題ありませんが、wena3はSONY製で4万弱します。wena3の評価が低い理由の1つです。

そのためiPhoneで電子マネーの初期セットアップをしてから、Androidに接続する必要があります。

↓詳細はこちらを確認して下さい。

SuicaはAndroidに対応したので、wena3単体で使用できます。

専用工具があれば、ベルトの調整は簡単

ベルト調整が必要なので、専用工具が必要です。取扱説明書には時計専門店に持って行くように書いてありますが、自分で調整を行えます。

詳細はGoogleで「時計 ベルト交換」などで検索して下さい。

私は違うベルトの調整用に購入した専用工具があったので、それを使って調整しました。30分くらいで作業は完了できます。

私が持っている専用工具

SONY wena3の評価

デザインは良い

デザインの完成度はとても高く、非の打ち所がないと思います。高級感のある落ち着いたデザインで、フォーマルな服装にもよく似合うでしょう。

カラーバリエーションはメタルならシルバーとブラックの2色で、どんな時計にも合わせられます。

アプリが使いにくい

初めてアプリ画面を見て思ったことは、「何が書いてあるのかよくわからない」でした。個人的には「Huawei Health」が1番見やすいと思います。

wena3 アプリ画面

また設定項目が煩雑で見にくく、文字ばかりのため読まないと理解ができません。もっと絵やグラフで表して欲しい。

価格が高い

機能性だけで言えば、約4万円の価値はないと思っています。ただし、本体のデザインや品質はかなり高く、価格の大半をデザイン代に振ったのかなと感じられるほどです。

購入するときは非常に悩みますが、使ってみると長く愛用できそうな感じがします。

結構キズがつく

wena3の構造上、ディスプレイが手のひら側にきます。机で作業をしていると、机とwena3のディスプレイとの接触は避けられません。

wena3はコンパクトですが、それでも時計バンドより厚くなります。手首と机の隙間が広くなるので、慣れるまで違和感があります。

私はwena3のディスプレイ保護として、フィルムを購入しました。

まとめ

純粋なスマートウォッチを探している人には向いていません。XiaomiやHuaweiのスマートウォッチは格安ですが、品質も良くアプリの完成度も高いためです。

アプリの改善点が多くありますが、役割は唯一無二です。お気に入りの時計をスマートウォッチ化できることはとても魅力的です。

使用目的を明確にしていれば、良い製品だと感じました。今後のバージョンアップに期待したいと思います。

ソニー ウェナ SONY wena スマートウォッチ 電子マネー Suica Alexa搭載 活動量計 iOS/Android対応 wena 3 metal Premium Black WNW-B21A/B
ウェナ(Wena)
¥38,500(2021/05/30 10:23時点)
こちらの商品は、wena 3 のバンド部分のみです。(ヘッドは別売り。) wenaは世界で初めて*バンド部分にスマートウォッチとして必要な機能、電池などを集約したスマートウォッチです。(*腕時計のバンドの中に電子部品を組み込んだ商品として。 wena project調べ。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました