【レビュー】ROG ALLYを購入。快適なゲーム生活の始まり!

ゲーム機

みなさんはROG ALLYをご存じでしょうか?

Windowsを搭載したASUSのモバイルゲーム機で、SteamやXboxを遊べます。Steam Deckを皮切りに様々なモバイルゲーム機が発売されました。

ROG ALLYもその一つで、モバイルゲーム機でありながら強力なCPUを搭載しているため、重たいゲームでも動作できます。

スマホゲームが主流になってきましたが、やっぱりビッグタイトルのゲームをまた遊びたいと思い始めました。

今回はASUSの「ROG ALLY」を購入したのでレビューします。

スポンサーリンク

ASUS ROG ALLYの外観

本体

本体はホワイトカラーでとても綺麗です。ボタン配置はXboxコントローラーと同じになるので、決定と取消ボタンがPlayStationと異なります。

PlayStationユーザーは慣れるまでに少し時間がかかるかと。

上側にイヤホンジャック、SDカード、外付けグラボ用端子、給電用USB-C端子、音量ボタン、電源ボタンがあります。

ショルダーボタンは左右に2個ずつ配置されていて、ボタンの大きさもよく、とても使いやすかったです。

背面にマクロボタンが左右に設けられているので、2つの操作を割り当てることができます。

また、背面に大きく通気口があり、本体を冷却して熱から守っています。通気口をROGのロゴにすることで、ゲーミングデバイスらしさを感じられるデザインです。

本体は厚みがあるのでスマートではありませんが、持ちやすい形になっているので、快適にゲームを楽しめます。

重さは630gなので少し重いですが、持ち運べる大きさです。

電源アダプター

65Wの電源アダプターが付属しています。プラグは収納式なので持ち運びに優れた形状です。

端子は汎用性の高いUSB-Cです。

ROGのロゴが入ってます。

取扱説明書

取扱説明書は簡易的なもので、主に保証書になります。

ASUS ROG ALLYの仕様

ROG ALLYには上位モデルと下位モデルの2種類があります。私が購入したのは上位モデルで、大まかな仕様は下記になります。

  • OS:Windows 11 Home 64ビット
  • CPU:AMD Ryzen Z1 Extreme
  • 画面:7型ワイドTFT、グレア、120Hz
  • ROM:SSD 512GB
  • RAM:16GB(増設不可)

性能を下げた下位モデルはこちらです。

  • OS:Windows 11 Home 64ビット
  • CPU:AMD Ryzen Z1
  • 画面:7型ワイドTFT、グレア、120Hz
  • ROM:SSD 512GB
  • RAM:16GB(増設不可)

上位モデルと下位モデルの違いはCPUのみで他に違いはありません。

CPU性能はASUS公式ページを参考にします。

Image Credit ASUS
Image Credit ASUS

上位のZ1 Extremeと下位のZ1では、コア数やスレッド数だけでなく、テラフロップスにかなり差があります。

公式ページではない情報ですが、ベンチマーク測定で30%以上の性能差を確認できたそうです。

ASUS ROG ALLYを検証

CPU性能

CINEBENCH R23を使って測定します。

  • Multi:13602 pts
  • Single:1681 pts

という結果になりました。スコアなら第7世代のRyzen7 7735HSくらいの性能があります。現状のモバイルゲーム機では最高クラスの性能です。

ゲーム性能

ROG ALLYはコマンドセンターからオペレーティングモードを「パフォーマンス」、「Turbo」、「サイレント」から選べます。

  • パフォーマンス:性能とバッテリー消費のバランスがいい
  • Turbo:バッテリー消費は考えず性能重視(外部電源供給時のみ)
  • サイレント:バッテリー消費を抑えたが性能はかなり低い

パフォーマンス

特に不都合なく操作することができるので、通常はパフォーマンスモードで遊ぶのが良いと思います。FF7 Remakeのような3高解像度のゲームでも、30FPSを出すことが可能です。

Turbo

本体性能を最大限に引き出すため、冷却ファンが全開で回転します。FF7 Remakeで比較すると、パフォーマンスよりも滑らかに動きますが、大した差はありませんでした。

サイレント

サイレントモードに変えると、FPSが10まで下がってしまい、画面がカクカクになります。正直言って、この状態でゲームをしようとは思えません。あまり使うことはなさそうです。

ASUS ROG ALLYの感想

最近買ったガジェットの中で一番良かったです。パソコンを起動してまでゲームをするのは手間だったので、パソコンゲームを寝転んで遊べるのは本当に便利。

ROG ALLYのより性能の高い上位モデルを購入したので、FF7 Remakeも快適に操作できました。特にSteamをモバイルで遊べるのが素晴らしく、流行のゲームはほとんどあります。

Lenovoからも「Region Go」が発売されたので、ROG ALLYの一強ではありませんが、モバイルゲーム機が欲しい人の選択肢の一つだと思います。

YouTube

YouTubeでもレビューしています。

ゲーム機
スポンサーリンク
シェアする
シュウをフォローする
スポンサーリンク
ガジェットタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました