【レビュー】ハイレゾ音源対応の「ARKARTECH T6」を購入!コスパ最強の有線イヤホン。

イヤホン・ヘッドホン

これまでハイレゾ音源に縁が無かったのですが、Xperia10 Ⅲを購入したことにより試してみようと思いました。Xperia10 Ⅲは「DSEE Ultimate」を搭載しており、ハイレゾ相当の高音質で楽しめます。

ハイレゾ対応のイヤホンは高価な物が多く気軽に買える金額ではありませんが、「ARKARTECH T6」はわずか3,000円で購入可能です。

今回は、「ARKARTECH T6」をレビューします。

ARKARTECH T6 イヤホン ハイレゾ イヤフォン カナル型イヤホン 重低音 hi-res 有線 マイク付き リモコン 通話可能 音量調整 遮音性 ジャック 携帯 スマホ PC ジム スポーツ androidに対応 T61 (LIGHT BLACK) (LIGHT BLACK)
ARKARTECH
¥2,980(2021/08/27 09:05時点)
[ハイレゾ認証済み] Hi-Res(ハイレゾ)はHigh Resolution Audio(高解像度オーディオ)の略称で、Sonyによって提唱され定義づけられ、JAS(日本オーディオ協会)及びCEA(米国家電協会)によって高音質・高品質オーディオ製品設計基準が制定されました。本機はハイレゾ認証を受けています(認証番号:HRA-0118-12)、原音の再現を極めて重視しており、更にリアルで現場にいるような音楽の臨場感を感じることができます。
スポンサーリンク

「ARKARTECH T6」の詳細

デザイン

商品が届いて1番初めに感じたことは、パッケージが3,000円の物ではないことです。

とても良いパッケージで、しっかりと作り込まれています。

イヤホン本体のデザインは、けっこうゴツく存在感があります。

右側イヤホンにはインラインリモコンが搭載されており、基本的な通話や音量調整が可能です。

イヤホンジャックは4極なので、ボイスチャットも行えます。

大量のイヤーピースが付属しています。

付属の専用ケースがあり、イヤホンを収納して持ち運ぶことができます。ケースはビニールで手触りも良く高品質ですが、ケース入り口が硬いことが気になりました。

スペック

  • 本体重量:約32g
  • ケーブル長さ:1.2m
  • スピーカー直径:6mm
  • 接続端子:3.5mmミニジャック(4極)
  • ドライバー: デュアルドライバー式(計4基)
  • 周波数範囲:20-40000Hz (Hi-Res認証済み)
  • 感度:108 db±3 db

「ARKARTECH T6」の使用感

音質はかなり良い

私が想定していた以上の音質であり、価格を考えれば不満はありません。左右のイヤホンに高音域と低音域のデュアルドライバーを搭載しているので、クリアで力強いサウンドを実現しています。

ハイレゾに対応していることもあり、高音域周波数は40kHzまで対応可能です。

通話音質やマイクの集音力も高く、快適が通話を行えます。そのため、音楽目的だけでなくボイスチャットなどのゲーム目的としても使うことが可能です。

Xperia10 Ⅲと接続して使っており、とても良い音質です。

まとめ

これまでハイレゾ対応のイヤホンは高級品しかないというイメージがありました。私が使っているイヤホンはハイレゾ非対応でも7,000円くらいしてるので、本当にハイレゾ対応しているのか不安だったからです。

ブログのネタで購入しただけでしたが、予想より遥かに高音質なため普段使いにしています。

音質に強いこだわりがなく、そこそこ高音質ならいいという人におすすめです。安いイヤホンを探しているなら、候補に入れて良いと思いました。

ARKARTECH T6 イヤホン ハイレゾ イヤフォン カナル型イヤホン 重低音 hi-res 有線 マイク付き リモコン 通話可能 音量調整 遮音性 ジャック 携帯 スマホ PC ジム スポーツ androidに対応 T61 (LIGHT BLACK) (LIGHT BLACK)
ARKARTECH
¥2,980(2021/08/27 09:05時点)
[ハイレゾ認証済み] Hi-Res(ハイレゾ)はHigh Resolution Audio(高解像度オーディオ)の略称で、Sonyによって提唱され定義づけられ、JAS(日本オーディオ協会)及びCEA(米国家電協会)によって高音質・高品質オーディオ製品設計基準が制定されました。本機はハイレゾ認証を受けています(認証番号:HRA-0118-12)、原音の再現を極めて重視しており、更にリアルで現場にいるような音楽の臨場感を感じることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました