【レビュー】iOS14 新機能について紹介します

スマートフォン

iOS14が2020年9月17日に正式配信されました。個人的には今までよりも大きなVer.UPになったと感じています。Ver.UPしたけど、何が変わっているのか分からない人向けに、iOS14の新機能について5個紹介していきます。

スポンサーリンク

ホーム画面にウィジェットを配置

ウィジェットをホーム画面に配置することができるようになりました。ウィジェットはiPhone側で用意されているものを使用することができます。ウィジェットの配置方法について説明します。

この配置の自由度は低いと感じます。ウィジェットによっては、アプリアイコンを配置したい場所に置くことができません。

SafariをカレンダーとNewsの間に配置をしたいのですが、何故か配置することができない。

スクリーンタイムのウィジェットだけを動かしたいのに、Safariも一緒に動いてくる。

ウィジェット配置はAndoroidに昔からある機能です。今更の追加の割には、ウィジェットの練度は低いと言わざるを得ません。

新画面のAppライブラリ

これは面白い機能だと思います。アプリをまとめてくれているので、類似アプリを探すのに楽になります。ただ、アプリ配置を自由に変更することができません。

分類ごとに配置されたフォルダを自由に動かせないので、使用頻度の高いアプリを画面上部に持ってくることができません。これは不便だと感じますので、改善して頂きたいと思います。

ただ、Appライブラリを使うかと問われれば、使わないと言います。理由として、すでにアプリごとにフォルダ分けして、ホーム画面を管理しています。おそらく皆さんも自分の使いやすいようにフォルダ分けされているのではないでしょうか?アプリの配置を自由に決めれず、自動分類された画面が使いやすいと言えません。

ピクチャ・イン・ピクチャ

MacやiPadにはすでに搭載されている機能がiPhoneに追加されました。他の作業をしながら動画鑑賞やFaceTime通話ができるようにりました。ほとんどの人はFaceTime通話ではなく、動画鑑賞をしながら他の作業ができることにメリットを感じるのではないでしょうか。ピクチャ・イン・ピクチャに対応しているアプリかどうか調べる必要があります。

下記に対応済みの主要アプリを並べておきます。

  • iTunes Store
  • Apple TV
  • Amazon Prime Video
  • Netflix
  • Dアニメストア

私はAmazon Prome VIdeoをかなり使っています。映画を見ながらTwitterができるので、とても重宝しています。

※YouTubeはPremium会員のみ使用できますので、ご注意下さい。

Apple純正の翻訳アプリ

ようやくですが、iOSに翻訳アプリが登場しました。私はGoogle翻訳を使用しているので、Appleの翻訳アプリと比較をしました。結果としては、Google翻訳のほうが良いと思います。
音声認識はGoogleとAppleに差があるとは感じません。正確に聞き取ってくれます。

なぜGoogleが優れていると判断したのか、下記の2点があります。

  • 会話機能:選択した2言語を同時に翻訳してくれるため、会話が成立する。
  • カメラ入力:翻訳したい文書をカメラで写すと、翻訳してくれる。

Appleの翻訳アプリはリリースされたばかりですので、アプリとしての純度がGoogleより劣ります。今後のアップデートに期待します。

Siriの性能がパワーアップ

私は今までずっとSiriを無効にしてきました。Siriが登場した時に使ってみたのですが、使えなさずぎて「Siriはダメだ」と思い続けていました。それにくらべてGoogleは優秀だなと思ってました。久しぶりにSiriを使ったところ、すごく優秀になっています。言葉の聞き取り能力が上がっており、長い言葉でも聞き取ってくれます。

Siriのアイコンが小さくなったことも、非常に良いことだと思います。今までのSiriは起動すると画面一杯に広がるため、表示していた画面が見えなくなりました。今回のアップデートで画面下にSiriが呼び出されるので、気にならなくなりました。

私の感想

様々な機能が追加され、面白いアップデートだと思います。新しい機能追加のため、機能自体はそれほど練度が高いとは言えません。今後のアップデートに期待したいと思います。

今回のアップデートの最大の見所はAirPods Proだと思っています。もとから良かったAirPods Proですが、素晴らしい完成度になってきました。別の記事で紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました