【レビュー】使い勝手の良いトラックボールマウス「Logicool ERGO M575」。疲労軽減に効果的!

マウス

久しぶりにトラックボールマウスを購入しました。パソコンで作業をしている時間が激増しており、そろそろ腕の疲労を真剣に考えようと思ったからです。

トラックボールマウスは腕の負担が軽減されるため、腱鞘炎になりにくいなど諸説あると思います。腱鞘炎まではいきませんが、肩と腕の疲労が溜まってきていると感じていました。

そのため、少しでも体の負担が軽減できればいいと思い、トラックボールマウスの「Logicool ERGO M575」を導入しました。

今回は「Logicool ERGO M575」について、本当に体の負担が軽減されるのかレビューします。

スポンサーリンク

Logicool ERGO M575の詳細

デザイン

左クリック側に2個のボタンがあり、初期設定はブラウザの「進む」と「戻る」です。

全体的にマットなカラーで統一されていて、価格の割には高級感があります。

左側面には親指用のトラックボールが搭載されています。カラーは本体色と異なり、光沢のあるブルーです。ボーリング球にしか見えません・・・

右側面はかなり丸みを帯びた形をしており、手に馴染みやすい構造をしています。

マウス自体が傾いているので、手首に負担をかけにくい構造です。

裏面に電源スイッチと接続方式切り替えスイッチがあります。接続方式切り替えスイッチは「Unifying」と「Bluetooth」の2種類があるので、好きな方を使用できます。

また、単三乾電池とUnifyingレシーバーを収納できるスペースがあります。

私が購入したモデルはグラファイトカラーですが、オフホワイトカラーもあります。

Image Credit Logicool

デスク周りをホワイトで統一したい人はこちらがおすすめです。

スペック

  • 本体サイズ:134 × 100 × 48 mm
  • 重量:145 g
  • ボタン数:5個
  • 接続タイプ:Unifying、Bluetooth
  • 解像度:400 dpi
  • バッテリー:単三乾電池1本、最長寿命24ヶ月

詳細は公式HPを参照ください。

トラックボールマウスのメリット・デメリット

メリット

トラックボールマウスのメリットは腕の疲労軽減です。普通のマウスは構造上、腕を持ち上げながらマウスを動かすことになるので、腕から肩にかけて大きな負担をかけています。

トラックボールマウスは腕を固定して使用するため、体への負担が少ないとされています。

もう一つのメリットは省スペースで使用できることです。トラックボールマウスはマウスを移動させる必要がないので、マウスが置けるだけのスペースがあれば問題ありません。

デメリット

初めにあげるデメリットは操作性が異なるため、慣れるまでは操作の練習が必要になることです。

多くの人がトラックボールの操作に慣れることができず、普通のマウスに戻ってしまいます。操作自体は難しいものではないので、1日操作していれば普通に使えるようになると思いますが、マウスの操作練習に1日は使いたくありません。

そのため、トラックボールにチャレンジしても使うのを諦める人が多くいます。

他のデメリットとして、マウス本体サイズが大きくなります。トラックボールマウスは全体的にサイズが大きくなり、デスク上に圧迫感が生まれてしまうことです。

Logicool ERGO M575の使用感

親指トラックボールは使いやすい

これまでトラックボールマウスは何度か使用したことがありますが、なかなか慣れることができず使用を諦めてきました。

私は1時間くらいの使用で、ほとんど苦もなく操作ができるようになったと思います。今回は初の親指トラックボールマウスだったので安価な「ERGO M575」を購入しましたが、この使い勝手の良さなら上位モデルの「MX ERGO」でも良かったです。

Image Credit Logicool

人差し指トラックボールよりはかなり慣れやすいと思いますので、トラックボール初心者にもおすすめできます。

腕の疲労軽減はしたが親指が疲れる

まだ親指トラックボールマウスに慣れていないためかもしれませんが、親指から手首にかけた筋肉が異様に疲れます。

今までマウスの操作で親指の筋肉を使うことがあまりなかったので、大きく負担をかけていると感じます。

人差し指トラックボールマウスのほうが指への負担が少ないと言われていますが、使い勝手の良さは親指トラックボールマウスです。

しばらく使ってから、本当にトラックボールマウスは疲労軽減に効果があるのか判断したいと思います。

高速かつ精密な操作は普通のマウスがいい

やはりゲームのような速度と精度が求められる操作は普通のマウスがいいと思います。各ゲーミングデバイスメーカーから、トラックボールのゲーミングマウスが発売されていないことからも明らかです。

トラックボールマウスは執筆やブラウジングのような作業に適していると思います。

私は執筆用のMacbookにトラックボールマウスを使い、ゲームをするWindowsにはゲーミングマウスと使い分ける予定です。

それぞれの得意分野がありますので、使い分けたほうがいいでしょう。

Logicool Optionsが認識しない

見出しの通りなんですが、Logicool ERGO M575が認識されません。Logicool Optionsのデバイス追加を行いましたが、デバイスが表示されないのでカスタマイズができないという問題に直面しています。

Logicool Optionsはバグが多いアプリとして有名ですが、Googleで「Logicool Options」と検索すると、検索上位が「Logicool Options 認識しない」となるのはいかがなものかと。

ただし、Unifying接続は完了しているので、まったく認識していないわけではなさそうです。

これからしばらくの間「Logicool Options」と戦う必要がありそう。

まとめ

Logicool ERGO M575はトラックボールマウス初心者でも、比較的扱いやすいマウスだと思います。これまで人差し指のトラックボールは使ったことがありましたが、何度使っても慣れませんでした。

カーソルとクリックが同じ指だとスムーズな操作ができず、作業効率が落ちていたからだと思います。その点、親指のトラックボールは空いている親指を使用するので、クリックもスムーズに行えたことが理由です。

Logicool ERGO M575は比較的価格も安く、コスパの高いマウスです。とても人気があるだけのことはあります。

「腕の疲労が気になっている人」や「トラックボールマウスを試してみたい人」におすすめできるマウスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました