【レビュー】Android12にアップデート完了!全体的に可愛いデザインになった。

スマートフォン

私のPixel5がAndroid12に対応したので、アップデートを行いました。今回のアップデートはUIが大幅に変更され、色々カスタマイズできるようになっています。

PixelシリーズはAndroid OSの更新がいち早く行われるため、常に最新の状態で使えることがメリットです。Android12にアップデートしたので、変化点をまとめてみました。

スポンサーリンク

「Material You」が新規導入

Pixel3以降のシリーズに対して導入できるデザインシステムで、壁紙のカラーを自動判別しAndroidのシステム画面にカラーを割り当てる機能です。

ホーム画面

ベースカラーが黄色の壁紙に設定すると、システム画面も黄色に変えられます。さらに「壁紙の色」か「基本の色」から細かく設定が可能です。

こんな感じで配置したウィジェットまで、壁紙で設定したカラーが反映されます。

かなり可愛くなった印象です。

通知画面も新しくなった

通知画面が大幅に変更されました。一つ一つの項目が大きくなり見やすくなったこと、全体的に角がなくなり丸くなりました。

タイルは好きなように並び替えができます。タイルも大きくなったので見易いです。

通知画面に電源関係のボタンが追加されました。たしかAndroid11の頃はなかったと思います。

Easter Eggの小ネタ

Easter EggはGoogleの隠しコマンドです。特に意味はないですが、遊び心のある機能です。

「設定」→「デバイス情報」→「Androidバージョン」をタップして下さい。

赤枠の「Androidバージョン」を3回連続でタップすると、下のような隠し画面に変わります。

この時計画面で時計の針を12時に合わせると、Android12を表す「12」と表示できます。

特に意味があるわけではないので、こんな機能もあるくらいに覚えていると面白いと思います。

マイクとカメラの使用中アイコンが追加

マイクやカメラが使用されていると、表示中のアイコンが追加されました。これは悪質なアプリが勝手にマイクやカメラを起動させて、個人情報を盗むことを防げます。

カメラ起動中に通知画面を開くと、右上に緑色のアイコンが表示されます。

緑色のアイコンをタップすると、何を起動しているか見れます。

背面タップ「クイックタップ」機能が追加

現時点ではPixel5のみ対応した機能ですが、背面をタップすることでジェスチャーを追加可能です。初期は無効になっているので、有効にする方法を書きます。

「設定」アプリから「システム」を選びます。

「システム」から「ジェスチャー」をタップします。

「クイックタップ」を有効にすれば、背面タップが行えるようになります。

片手モードがiPhoneと同じになった

Android11までの片手モードは画面右下に縮小画面が表示されました。

Android11

Android12からはiPhoneと同じように、画面下に縮小画面が表示されるようになります。

Android12

操作方法もiPhoneと同じで、ナビゲーションバーを下にスワイプするだけです。私はiPhoneを含めて、この機能は使っていません。

私のスマホ選定基準は、片手操作ができるサイズの6インチ前後と決めています。あと手が大きいほうで、高校生のときにバスケットボールを片手で掴めました。

まとめ

日本時間2021年10月20日に、GoogleからAndroid12のアップデートが配信されました。現状はPixelシリーズしかAndroid12にアップデートできませんが、今後は順次対応できるようになります。

アップデートしてから少ししか使っていませんが、個人的には良いと思います。壁紙のカラーがシステム画面にまで反映されるので、カラーの統一感が生まれ、色が散らばることはありません。

Android端末はPixel以外にもXperiaを使っているので、アップデートされるのが待ち遠しいです。Android12にアップデートしても良いか?迷っている人も多いと思いますが、私はアップデートをおすすめします。

「Android12 不具合」などで調べてもらえれば、正常動作しないアプリの情報はすぐに見つかります。ゲーム関係が一部対応できていないようなので、スマホゲームをしている人はチェックしたほうがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました