【レビュー】MOFTのMagSafe対応スマホスタンドがカッコよくて便利すぎる

アクセサリー

iPhone 13 Pro Max用のスマホスタンドを購入しました。スマホやPCのスタンドで有名なMOFTからMagSafeに対応した脱着可能なスマホスタンドが発売されています。

スマホスタンドのメリットはスマホを固定できることで、手に持って操作するときはスマホリングの代わりにもなります。しかしデメリットとして、重量が重くなることと、スマホが分厚くなることです。

MOFTから発売しているMagSafe対応のスマホスタンドは、自由に取り外しができるので利便性がかなり高いと言えます。

今回は、MOFTのMagSafe対応スマホスタンドをレビューします。

スポンサーリンク

MagSafe対応スマホスタンドの詳細

デザイン

カラーはシエラブルーと合わせて、ブルーを選択しました。

厚みは多少あり、結構ずっしりとしています。

スタンドで使用する場合は、このように使います。スタンドが重たい分、頑丈な作りなのでグラつくことはありません。

カード1枚分を収納できるポケットがあります。

スペック

  • 素材:レザー
  • 重量:50 g

マグネット取り付けなので自由に脱着可能

MagSafeに対応したことで、両面テープ貼り付けからマグネット取り付けに変わりました。

MagSafeに対応する前のスマホスタンドは両面テープで貼り付けるため、一度貼ったら自由に張り替えはできません。

MagSafeはマグネット式なので自由に取り外しができます。

これはやむを得ないですが、多少なりともスマホの厚みが増すことがデメリットです。そして、ただでさえ重たいiPhone 13 Pro Maxが更に重たくなります…

使わないときは外したほうが良いでしょう。

3種類のスタイルから選べる

Image Credit Amazon,MOFT

「縦立て」「横立て」「掛け立て」の3種類の使用スタイルがあり、用途に合わせて使い分けることができます。

「縦立て」「横立て」 はiPhoneが直に机と接触するので、スマホケースを付けたほうが良いです。

「縦立て」「横立て」は一般的なスタンドですが、「掛け立て」ができるようになりました。「掛け立て」はスマホの位置が上がるため、目線を上げられます。目線を上げることで、首への負担軽減や肩こりの緩和が可能です。

「掛け立て」で気になることは、マグネットが弱くスマホが落ちてしまうのでは? と思われるでしょう。マグネットが強力なため、衝撃を与えなければ落下はしません。

Appleの純正シリコーンケースと合わせて使っていますが、全く問題ないので安心して使って下さい。

デザインが良く手触りもいい

MOFTの製品全般に言えることですが、デザインが洗練されています。しっかりと存在感は表しつつも、鬱陶しさは感じない微妙なバランスです。

今回購入したモデルはレザー製で手触りが良く、見た目も高級感があります。高級感のあるiPhone13 Pro Maxの見た目が損なわれず、一体感のあるデザインです。

私はiPhone 13 Pro Maxで使用しているため、若干サイズが小さいように感じられます。そのため、「iPhone 13」か「iPhone 13 Pro」に合わせるのが、ベストな組み合わせだと思いました。

Appleの純正シリコーンケースとも相性は完璧です。

まとめ

iPhone 13 Pro Maxは手で持ち続けるには重すぎるため、何かしらの補助があると便利です。MagSafeに対応したことで、取り外しが簡単に行えるようになりました。

使いたい時にだけ取り付けて使用できるため、使わない時はカバンの中に入れています。あと、地味に嬉しいことはスタンドを貼り付けることで、iPhoneが直接机などに当たりません。

スマホリングの代わり

また、スマホスタンドだけでなくスマホリングとしても使えるため、手に持って使用するときも操作が楽になります。

MagSafeに対応したスマホスタンドを探している方は、MOFTのMagSafe対応スマホスタンドがおすすめです。

↓Apple純正シリコーンケースのレビューはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました