【レビュー】Xiaomi mi 11 Lite用の栃木レザーケースを購入しました。

スマホケース

普段持ち歩いている小物はほぼ本革製に揃えています。本革の手触りの質感と見た目が好みなのと、簡単にオシャレ感を表現できるからです。

スマホカバーも本革に揃えたいところですが、中華スマホの本革ケースはAmazonや楽天市場に種類が少なく、中華製の安物フェイクレザーばかりです。

Xiaomi mi 11 Lite用の本革ケースを「スマホカバー館.com」で購入したので紹介します。

スポンサーリンク

本革ケースのデザイン

ライトブラウンを購入しました。

結構明るめなカラーですが、安物とは違う高級感があります。

裏面にクリア素材のハードケースが貼ってあり、スマホと直接当たる部分です。

表面は凸凹していて手触りが良く、滑り止めの効果もありそうに感じました。

「ストラップ穴なし」と書かれているが、実物は穴があいている

購入画面のキャプチャ

購入画面に「ストラップ穴なし」と明記されていますが、実際に届いたケースはガッツリと穴が空いています。

私は大して気になりませんが、気になる人は注意したほうがいいです。購入する仕様と一致した製品が届くとは限らないためです。

本革は栃木レザーを使用

革は栃木レザーを使用しており、手に吸い付くような触り心地です。この栃木レザーを専用のハードケースに薄く貼る事で、元のスマホサイズをできる限り維持しています。

また、フェイクレザーではなく本革を使用しているため、革製品独特の匂いがあります。この匂いが嫌いな人は向かないかもしれません。

革製品の全般に言える事ですが、使い始めは革製品の表面に油成分が少なく乾燥しています。私のケースも1週間くらい使ってからようやく、革製品らしくなってきました。

手の油だけで十分なので、オイルは塗る必要ありません。

このケースは「Xiaomi mi 11 Lite」の薄くて軽いメリットを守りつつ、高級感のあるデザインに仕上がっています。

栃木レザーのHPはこちらから。

スマホの保護よりデザイン製を重視

スマホを守る耐衝撃性能は高いとは感じません。スマホの背面と四つ角は守れていますが、その他でスマホ剥き出し部分が多々あります。

上側、下側と右側に保護されていない部分があるので、直接当たらないように注意が必要です。

カメラレンズ部分の保護も不安が残ります。カメラレンズとケースの高さがほぼ同じで、机などに置いた時にカメラレンズが直接当たりそうで心配です。

私はカメラレンズにガラスフィルムを貼っていますが、ケースが薄いため、かなりガラスフィルムがはみ出しています。

カメラレンズ周りの保護が甘いと言えば、隙間が広いことも気になります。

最長で約2mmの隙間があり、あと1mm程度はつめられたのでは?と思いました。下地になっているハードケースの加工精度が低く、安物のハードケースを使っているような感じです。

まとめ

多少残念な部分はありますが、栃木レザーを使用した手触りはかなり良いと思います。Xiaomi製品は徐々に普及してきましたが、まだまだ一般的とは言えません。

少しマイナーなスマホケースを探している時に、スマホカバー館.comを覗くのも良いと思います。

スマホカバー館.comのスマホケースは中華の激安ケースとは違い、ある程度の価格がするため質感はいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました