【レビュー】Macbook Air M1をついに購入しました。処理性能とバッテリー持ちが素晴らしい。

ノートパソコン

ついにMacbook Air M1(メモリ8GB)を購入しました。

ずいぶん買うまでに長い時間がかかってしまいましたが、ようやく決断をしました。今までMacbookはProしか使っていなかったので、Airを買うことに抵抗があったからです。

先日、新型Macbook Proが発表されて、かなりハイスペックになり話題になっています。まさしくProを冠するに相応しい性能だと思います。

私の使用用途では、さほど負荷をかけないのでAirに決めました。M1の性能までは検証できていないため、開封した感想を書こうと思います。

スポンサーリンク

使用用途は執筆作業くらい

Macbook Airで行う作業はブログとWeb記事の執筆になります。あとは、YouTubeを見たりブラウジングするくらいです。

この程度の作業であれば、M1の8GBでも問題なく動きそうな感じがします。

私にとって重要なことはバッテリー持ちと軽量なことです。外出する時はノートパソコンを常に持って歩いているので、重たいと肩が外れそうになります。

もう一つは、外出先で使用するためバッテリー持ちは非常に重要です。Macbook Proを使っていた頃は、モバイルバッテリーも一緒に持ち歩いていました。

Macbook Air M1に変えてからカフェで作業をしていましたが、驚くほどバッテリーが減りません。

メモリ8GBにしてはパワーがある

詳しく検証をしていないのでファーストインプレッションになりますが、メモリ8GBの割によく動くと思います。私の使い方ではMacbook Airは熱くならないので、処理性能に余裕がありそうです。

今まで使っていたMacbook Proはものすごい勢いでファンが回転し、本体裏側だけでなくキーボードのFnキー辺りまで熱くなりました。

Macbook Airはファンレスなので心配していましたが、余計な心配だったと思います。

ここからは少しネガティブな感想です。

少し触って思ったことは、「あれ?話題になっているほどの性能か・・・」でした。YouTubeではメモリ8GBでも、とてつもなく処理性能が高くて十分だという評価が多くあります。

メモリ8GBで十分って本当か?

確かに事務作業なら十分でしょうが、YouTube内の評価はクリエイターとしてです。例えばYouTubeの1時間以上あるBGMを再生してから、一気に30分くらいスキップすると確実に読み込み時間が発生します。

これはMabook Proでも起きていましたが、処理性能が追いついていないことが原因です。

グラボを搭載したメモリ24GBのWindows機を使えば、全くと言えるほど遅延はありません。M1チップは確かに省電力で素晴らしいと思いますが、尾ひれを引いた評価ではないかと感じました。

最小構成なら約12万円で手に入る

最小構成のMacbook Airなら12万円以下で購入できます。これだけのスペックで12万円以下なら言うことなしです。

欲を言うならもう少し金額を上積みして、Macbook Air M1のメモリ16GBをおすすめします。

ノートパソコンの中には15万円程度で、グラボ搭載のゲーミングノートパソコンを買うことができます。コスパだけでノートパソコンを購入するなら、Windows機が良いでしょう。

2020 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチ, 8GB RAM, 256GB SSD) - スペースグレイ
Apple(アップル)
¥115,280(2021/07/10 10:12時点)
Apple 製 M1 チップにより、CPU、GPU、機械学習の性能が飛躍的に向上

まとめ

Macbook Air M1を触って2日ほどですが、買ってよかったと非常に満足しています。この2日間は自宅とカフェで作業をしていましたが、バッテリーがほとんど減りません。

何よりも、今まで使っていたMacbook Proと比べて、キーボードが格段に良くなりました。以前のバラフライ式は打鍵感が良くない上に、耐久性も悪いというキーボードです。

今後はM1チップの性能をもっと検証したいので、他のWindows機と比較してレビューします。

2020 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチ, 8GB RAM, 256GB SSD) - スペースグレイ
Apple(アップル)
¥115,280(2021/07/10 10:12時点)
Apple 製 M1 チップにより、CPU、GPU、機械学習の性能が飛躍的に向上

コメント

タイトルとURLをコピーしました