【レビュー】格安スピーカーはこれで決まり!価格と品質を備えたCreative Pebbleをレビュー。

スピーカー

Amaonでとても人気のCreative Pebbleは、2,000円の格安スピーカーです。Amazonレビュー数も多く、かなり高評価を得ています。

私もしばらく使用していましたが、確かに高評価なだけあります。音質は予想以上に高く音量もあるので、PCに十分使用できるスピーカーです。低音もよく響くので迫力がある音を楽しめます。

Razer Nommo Chromaを先日購入しましたが、それまでメインPCのスピーカーとして活躍していました。 (私の過去記事の写真に写っていたりします。ちなみにRazer Nommo Chromaはすごいです!さすが20,000円超えスピーカーです。)

今回はAmazonの評価数が約7,000件もある、Creative Pebbleをレビューします。

Creative Pebble ブラック 音声入力は3.5mm ピンプラグ接続 電源はUSB端子接続 低音用 パッシブラジエーター搭載 出力4.4W アクティブ スピーカー SP-PBL-BK
クリエイティブ・メディア
¥2,310(2024/06/16 16:21時点)
【ケーブル2本接続タイプ:USBから電源 & アナログケーブルで音声を入力】製品本体から伸びている3.5mmプラグケーブルは、パソコンなどのAUXやラインアウト、ヘッドホン出力端子に接続し音声信号をもらいます。USBケーブルはPC等のUSB端子に接続し電源をもらいます。なおこのUSBケーブルは電源をもらうだけなのでパソコンに認識される必要はなくドライバーもいりません。*USB端子タイプのACアダプタでもご利用頂けます。
スポンサーリンク

Creative Pebbleの詳細

デザイン

Creative Pebbleのデザインについて紹介します。

右側スピーカーになります。音声調整用のつまみがあり、右側スピーカーから調整ができます。

左側スピーカーは音量調整はなく、「CREATIVE」のメーカーロゴがあります。

スピーカーは45度傾斜になっており、音を遠くまで飛ばせる設計です。

斜めから見ても球体状の本体です。ブラックとゴールドのツートンカラーがかっこいいと思います。

私はCreative Pebbleをパソコン用スピーカーとして使用していません。テレビが古くスピーカーがあまり良くないため、Creative Pebbleで音の質を上げています。

Creative PebbleのサイズはNintendo Switchと高さはあまり変わりません。

スペック

  • サイズ:114 x 113 x 116 cm
  • 重量:‎870 g
  • 総合定格出力:8 W
  • ケーブル:3.5mmステレオミニジャック

Creative Pebbleの使用感

音質と音量ともに良し

音質は高音から低音までしっかりと出ます。この価格帯では十分な高音質で安物とは思えません。

スピーカーに音量スイッチがあり、かなりの大音量まで出力できます。安いスピーカーは大音量を出すと音割れしますが、このスピーカーは起きたことがありません。

音楽や映画などを楽しむ程度なら十分な音質でしょう。

コスパ最強! これで2,000円は衝撃価格

2,000円で購入できるとは思えないほど、コスパの高いスピーカーです。他にも同価格帯のスピーカーはありますが、Creative PebbleはAmazonレビュー数も多く人気があります。

間違いなくコスパ最強のスピーカーの1つだと思います。

作り込みも良く品質に問題はない

スピーカー本体の品質は高く、安物という感じはしません。ブラックとゴールドのツートンカラーで高級感があります。

本体はプラスチック製で、表面はツルツルしています。多少キズが付きやすいような気がしますが、実際に使ってみるとあまり傷は付きません。

まとめ

はっきりいって不満はありません。この価格でよくこれだけのスピーカーを作ったなと感心しました。10,000円以下のスピーカーを探しているなら、Creative Pebbleで十分だと思います。

さすがにRazer Nommo Chromaには音質で劣りますが、価格は1/10なのでコスパは最強です。

音質にこだわりがなければ、ぜひ「Creative Pebble」をおすすめします。

Creative Pebble ブラック 音声入力は3.5mm ピンプラグ接続 電源はUSB端子接続 低音用 パッシブラジエーター搭載 出力4.4W アクティブ スピーカー SP-PBL-BK
クリエイティブ・メディア
¥2,310(2024/06/16 16:21時点)
【ケーブル2本接続タイプ:USBから電源 & アナログケーブルで音声を入力】製品本体から伸びている3.5mmプラグケーブルは、パソコンなどのAUXやラインアウト、ヘッドホン出力端子に接続し音声信号をもらいます。USBケーブルはPC等のUSB端子に接続し電源をもらいます。なおこのUSBケーブルは電源をもらうだけなのでパソコンに認識される必要はなくドライバーもいりません。*USB端子タイプのACアダプタでもご利用頂けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました