【レビュー】Ideapad Duet Chromebookをレビュー。動作が軽くてハイコスパ!

タブレット

GoogleのChrome OSを搭載したChromebookが急速に普及しています。コロナやGIGAスクールの影響から学生にパソコンが支給されました。Chromebookは値段が安く、自動更新ポリシーの期限内は安心して使用できます。

アプリはGoogle Play経由でしかインストールできないため、ウィルスの感染度が低いことも特徴です。

Chromebookの中でも一際人気のある「Lenovo Ideapad Duet Chromebook」は2 in 1タイプで、ノートパソコンモードとタブレットモードに切り替えができます。

今回は、「Lenovo Ideapad Duet Chromebook」のレビューをします。

スポンサーリンク

Chromebookとは?

Chromebookとは、Googleが開発した「Chrome OS」を搭載したパソコンのことです。ブラウザ上で全て完結させることを目的にしており、Windowsのようにローカルで操作はしません。

Google Playより好きなアプリをインストールできるので、スマホのような感覚で使用できます。

Chromebookは価格が安くて、処理速度が速く、セキュリティがしっかりとしています。

特に価格の安さは、他のOS搭載パソコンを圧倒するほどで、仮に同価格のWindows OSと比べると、ブラウザ処理速度は雲泥の差です。

Ideapad Duet Chromebookの詳細

デザイン

タブレット本体カラーはアイスブルーとアイアングレイのツートンです。このデザインに惹かれて購入した人も多いと思います。

カバーはファブリック素材を使われていて、触り心地は良いです。

キーボードは日本語配列ですが、配列が特殊になっています。特にキーボード右側のキースイッチは小さくなっていて、慣れるまで使いにくいと感じました。

タブレット・カバー・キーボードを組み合わせると、このようになります。いわゆるノートPCモードです。この状態ならChromebookとしての性能を十分に発揮できます。

タブレット右側面に電源ボタンと音量調整ボタンがあります。生体認証はないので、パスワードを入力してのログインが必要です。

タブレット上側にスピーカーが2つ搭載されています。

タブレットカバーの傾斜はここまで角度がつけられます。Idepad Duetでメモを書くときなどに、扱いやすい角度です。

Ideapad DuetはUSI方式に対応しているので、エレコムのUSIペンが使えます。書き心地は悪くありませんが、Apple Pencilの書き心地には遠く及びません。

Ideapad Duetはイラスト用ではなく、メモ代わりとして使うべきと思います。Ideapad DuetにおすすめのエレコムUSIペンです。

エレコム アクティブタッチペン 電池式 【 USI方式対応Chromebook 対応認定取得 (対応機種:Lenovo IdeaPad Duet/Lenovo IdeaPad Flex550i Chromebook) 】 ペン先交換可能 (ペン先×1付属) P-TPUSI01BK
エレコム(ELECOM)
¥4,378(2024/02/21 14:19時点)
USI規格に対応したアクティブタッチペンです。4096段階の筆圧感知に対応し、細かな操作ができるために、筆記具で文字やイラスト作成する感覚で、操作できます。 Chromebook 対応認定を取得した製品です。

スペック

  • タブレット本体のサイズ:239.8mm x 159.8mm x 7.35mm
  • タブレット本体の重量:450g
  • カバーとキーボード装着時のサイズ:244.9mm x 169.3mm x 18.2mm
  • カバーとキーボード装着時の重量:920g
  • OS:Chrome OS
  • CPU:MediaTek Helio P60T
  • メモリ:4GB、空きスロット無し
  • ディスプレイ:10.1型 WUXGA、IPS光沢液晶、タッチ操作可能
  • ストレージ:64GB(Amazonモデル)
  • インターフェース:USB Type-C x 1(電源供給含む)
  • WiFi:対応(LTE非対応)
  • Bluetooth:対応
  • 使用時間:約10時間
  • 充電時間:約4時間

Chromebookの自動更新ポリシーとは?

Chromebookの更新期限内はシステムが自動更新され、常に最新の状態を維持できます。

Chromebookは発売機種ごとに更新期限があります。そのため中古を買うときは、必ず更新期限を確認しなければいけません。

外部ディスプレイ出力で作業効率UP

Chromebookは外部ディスプレイ出力があるため、デュアルディスプレイで作業を行えます。

Ideapad Duetはコンパクトで持ち運びに便利な反面、画面サイズが小さいため作業効率は良くありません。外部ディスプレイを使用することで、自宅でも高い生産性を確保できます。

Ideapad DuetはHDMIやDP端子が無いため、USB Type-Cを使用して出力します。電源供給とかぶるため、PD対応のUSBハブを使用することをおすすめします。

Ideapad Duetは外部出力をした場合、解像度が極端におちることがあります。ネット情報ではFullHDができたという報告がありますが、私は一度もできていません。

Bluetooth接続で別売りのマウスやキーボードを接続できる

Ideapad Duetのキーボードはお世辞にも使いやすいとは言えません。外出時は気になりませんが、自宅でしっかり作業をするなら別売りのキーボードとマウスを使用したほうが良いです。

Google Playからアプリをダウンロード可能

Chromebookの魅力と言えば、Google Playからアプリをインストールできることです。まるでAndroidスマホのように使えるため、パソコンというよりタブレットが強調されています。

Google Play

タブレットモード時にタブ表示をさせる

Ideapad Duetは、パソコンモード時にChromeのタブを表示できます。そのためタブレットパソコンでありながら、普通のパソコンのようにChromeを使えます。

しかし、タブレットモードに切り替えると、タブが表示されません。これはバグではなく仕様です。タブが表示されないことで、タブ管理が難しく、タブ移動もやりにくくなります。

これは、「Chrome://flags」から「WebUI tab strip」を「disable」にすることで解消できます。

Ideapad Duet Chromebookの不満

意外と重い

Ideapad Duetを使用している人なら、「意外と重くない?」と感じるかもしれません。私もその1人で、本体がコンパクトなのにキーボードとカバーが重いため、ずっしりと重みを感じます。

キーボードがズレる

左下のタブレットとキーボードカバーがずれる

何よりキーボードがグラグラなので、ディスプレイにしっかりと固定できません。そのため勝手にOSが起動していることもあり、私は固定バンドを購入して使っています。

サイズ感はピッタリなので、外れることはありません。

ぜひ、次のモデルは改善して頂きたいと思います。

まとめ

Ideapad Duetの完成度は決して高くないと思いますが、それでも魅力がつまっていることは間違いありません。私もその1人で、初めてChromebookを購入するきっかけを作ってくれました。

Chromeのフル機能を使えることは非常に便利なため、iPadのChromeアプリとは使い勝手が異なります。

私は「WordPress」や「Amazon Web Services」を使用するため、iPadよりもIdeapad Duet の方が使用頻度は高いです。

処理性能はiPadの方が圧倒的に上ですが、Chromeを使うことに関しては負けていません。作業がChromeで完結するなら、Ideapad Duetをおすすめします。

エレコム アクティブタッチペン 電池式 【 USI方式対応Chromebook 対応認定取得 (対応機種:Lenovo IdeaPad Duet/Lenovo IdeaPad Flex550i Chromebook) 】 ペン先交換可能 (ペン先×1付属) P-TPUSI01BK
エレコム(ELECOM)
¥4,378(2024/02/21 14:19時点)
USI規格に対応したアクティブタッチペンです。4096段階の筆圧感知に対応し、細かな操作ができるために、筆記具で文字やイラスト作成する感覚で、操作できます。 Chromebook 対応認定を取得した製品です。
タブレットレビュー
スポンサーリンク
シェアする
シュウをフォローする
スポンサーリンク
ガジェットタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました