【レビュー】中華タブレットを購入!VASTKINGの「KingPad K10」を試します。

タブレット

親がタブレットを欲しいと言ったため、Amazonで安いタブレットを探していました。Amazonランキングの上位にVASTKINGというメーカーがあり、なかなか良さげなので買ってみます。

使用目的はブラウザ検索用でゲームは行いません。ハイスペックは必要ないため価格重視で選びました。

今回は、VASTKINGの「KingPad K10」が使えるのかどうか、レビューします。

VASTKING KingPad K10 10インチ タブレット, Android 10, 解像度1920*1200,オクタコアタブレット, 最大1.8Ghz, 3GB RAM, 32 GB ROM, 13MPリアカメラ, Bluetooth 5.0, 2.4GWIFI,5G Wi-Fi, GPS, フルメタルボディ, アッシュグレー… (gray)
VASTKING
¥18,299(2021/08/10 16:50時点)
【ダイナミックな性能】 3GB RAM とアップグレードしたOcta-Core T610 CPU内蔵。高性能12nm チップセットで最大周波数1.8Ghz対応, スクリーンレート 60hz。Kingpad K10 は往来モデルより50% も速く良いレスポンス。お好きなゲームのプレイ、4K ライブストリーミングの視聴、オンライン会議及び授業、スムーズなマルチタスク体験が可能。さらに、12nm チップセットは高パワーの効率性があり、6000mAh バッテリーを伴うことで、エンターテイメントの持続は最大12時間、また待機は最大20日間可能。
スポンサーリンク

VASTKING KingPad K10の詳細

デザイン

本体背面は金属製で安っぽさはありません。PSEマークが付いているので日本国内の使用も可能です。

本体上部右にイヤホンジャックとSIMトレーがあります。

右側面は充電用USB Type-C、音量調整、電源ボタンを搭載しています。

付属アクセサリーはSIMピンと2Aの充電機です。

ディスプレイサイズは10インチサイズで、解像度はフルHDになっています。中華製タブレットですがGMS認証を受けているので、Playストアの使用が可能です。

Andoroidはバージョン10、RAMは3GBです。RAM容量は小さいので処理性能は高くありません。

スペック

Image Credit Amazon,VASTKING
  • ディスプレイサイズ:10インチ
  • ディスプレイ解像度:フルHD
  • CPU:Octa-Core T610
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • バッテリー:6000mAh
  • フロントカメラ:5MP
  • リアカメラ:13MP
  • スピーカー:ステレオ
  • 生体認証:顔認証

価格のわりには、かなり頑張っている性能だと思います。

Image Credit Amazon, VASTKING

今回は購入していませんが、別売りキーボードを付けることもできます。タブレットPCのような使い方ができるので、簡易なパソコンの代わりです。

※キーボードは日本語配列ではなさそうなので、注意して下さい。

VASTKING KingPad K10の 使用感

動作

動作はブラウジングや軽いゲーム程度なら、十分快適に動作します。もっと遅くてイライラするかと思っていましたが、予想以上に早いです。

VASTKING KingPad K10はAnTuTuベンチマークで約17万を出しています。この価格でこの性能なら良い方です。

音質

音質はデュアルスピーカーを搭載しているため、ステレオ再生に対応しています。高音質ではありませんが、YouTube視聴くらいなら問題ないです。

音量はかなり上げられるので小音量で困ることもないでしょう。

画質

Image Credit Amazon, VASTKING

画質はフルHD (1920×1200)に対応しており、普通に綺麗です。操作していても気になるところはありません。ディスプレイのスクリーンレートは60Hzと標準的なスマホと同じ値です。

動画視聴にも十分使える画質だと思います。

顔認証

Image Credit Amazon, VASTKING

この価格で顔認証が搭載されているとは思いませんでした。ディスプレイ側に5MPのフロントカメラが内蔵されています。

認証速度も結構早いので、快適に使用できると思いました。

急速充電

VASTKING KingPad K10はUSB Type-Cによる急速充電に対応。

バッテリー容量は6000mAhと大容量を搭載しており、通常使用で最長12時間の稼働ができます。そのため、こまめな充電が必要なくなり、ユーザーにとっては使いやすいタブレットです。

ワイヤレス投影

私は使用していませんが、ケーブルなしで大画面ディスプレイに投影できます。WiFi 5GやBlutooth 5.0の規格に対応していれば対応可能です。

面白そうな機能なので一度試してみようと思います。

VASTKINGとは?

Image Credit Amazon,VASTKING

VASTKINGの名前を聞いたことがなかったので、少し調べてみました。知らない中国企業は心配になりますが、公式HPがしっかりしていたので、多少安心して買うことができます。

公式HPのリンクを貼っておくので、気になる人はご確認下さい。

まとめ

VASTKINGの製品を初めて使用しましたが、なかなか良いと思います。外観デザインも安っぽさがなく、動作は安定しています。

1万円台で購入できる格安Andoroidタブレットとしては、十分な性能でした。

親はスマホだと画面サイズが小さく見にくいらしく、VASTKINGタブレットは10インチサイズで見やすいようです。

格安タブレットを捜している人は、VASTKINGの「KingPad K10」をおすすめします。

VASTKING KingPad K10 10インチ タブレット, Android 10, 解像度1920*1200,オクタコアタブレット, 最大1.8Ghz, 3GB RAM, 32 GB ROM, 13MPリアカメラ, Bluetooth 5.0, 2.4GWIFI,5G Wi-Fi, GPS, フルメタルボディ, アッシュグレー… (gray)
VASTKING
¥18,299(2021/08/10 16:50時点)
【ダイナミックな性能】 3GB RAM とアップグレードしたOcta-Core T610 CPU内蔵。高性能12nm チップセットで最大周波数1.8Ghz対応, スクリーンレート 60hz。Kingpad K10 は往来モデルより50% も速く良いレスポンス。お好きなゲームのプレイ、4K ライブストリーミングの視聴、オンライン会議及び授業、スムーズなマルチタスク体験が可能。さらに、12nm チップセットは高パワーの効率性があり、6000mAh バッテリーを伴うことで、エンターテイメントの持続は最大12時間、また待機は最大20日間可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました