【レビュー】Amazon Kindle Paperwhieteを購入。読書に最適なサイズ!

タブレット

私は「Kindle Unlimited」のサービスと契約しています。「Kindle」と「Book Walker」のアプリを利用していて、マンガ以外は「Kindle」を使うことが多いです。

iPad mini 5で「Kindle」のアプリを使い小説を読んでいますが、どうしても目が疲れます。マンガくらいなら短時間で読めるので気になりません。小説になると数時間読むので、iPad mini 5の光で目が痛くなります。

ちょうどAmazon Prime Dayが開催されていたので、Kindle Paperwhiteを購入しました。

今回はKindle Paperwhiteのメリットとデメリットについてレビューします。

スポンサーリンク

Kindle Paperwhieteの詳細

デザイン

手に持って初めてわかったことは、予想以上にコンパクトだったことです。画面は白黒で発光がほとんどなく、本物の小説を読んでいるような気がしました。

本体下には充電端子のmicro USBがあり、電源ボタンがあります。

本体裏はラバー材質で滑りにくくなっています。少しだけ丸みを帯びており、手の平に馴染みやすい構造です。

micro USBケーブルと取扱説明書が付属しています。

スペック

  • サイズ:167mm x 116mm x 8.18mm
  • 重さ:182g (WiFiモデル)
  • 容量:8GB
  • ディスプレイ:6インチ反射抑制スクリーン
  • 解像度:300ppi
  • フロントライト:5個

Kindle Paperwhieteのメリット

  • 目に優しい
  • 182gと軽い
  • バッテリー持ちがいい
  • 通知がなく集中して読める

Kindle Paperwhieteはスマホなどに比べて、目が疲れにくいです。画面発光が抑えられており、本物の紙を読んでいるように感じます。

小説のような数時間読み続けるときは、読み終わった後の目疲れが全然違います。

本体が非常に軽く182gしかないので、長時間使い続けても手が疲れません。またバッテリー持ちがいいので、バッテリーを気にせずに使用できます。

Kindle Paperwhieteは「本を読む」に特化した端末なので、LineやTwitterなどの通知はきません。読書に集中できます。

Kindle Paperwhieteのデメリット

  • 処理速度が低い
  • 充電端子がmicro USB
  • 白黒なので雑誌は不向き

Kindle Paperwhieteのデメリットは処理速度が低く、ページ送りが遅いことです。特に情報量の多いマンガや雑誌のときな、ワンテンポどころかツーテンポくらい遅れます。

パラパラとページをめくる本には不向きです。逆に小説のように1ページあたりの読む時間が長い本では、あまりデメリットとは感じません。

充電端子をUSB Type-Cに変えてもらえると、素晴らしいと思っています。

初めから分かっていましたが、雑誌はまったく不向きです。白黒雑誌は正直つまらないこと、データ量が重くページ送りに時間がかかることから、素直に「iPad mini 5」の圧勝です。

まとめ

Kindle Paperwhieteは小説やビジネス書を読むだけに使用するなら、間違いなく最適な電子書籍リーダーです。

Kindle Paperwhieteのみで、Kindleアプリをフル活用することはおすすめしません。「処理速度が遅い」・「白黒画面」・「画面が小さい」からです。

Kindle Paperwhieteは他にタブレットを持っていて、小説やビジネス書専用の電子書籍リーダーが欲しい人用だと思います。

私の結論として、小説を読むなら「Kindle Paperwhite」、小説以外なら「iPad mini 5」だと思いました。小説好きな人は、ぜびKindle Paperwhiteの購入をおすすめします。

※Amazonデバイスなので、セール中に買いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました