【レビュー】Logicool MX KEYS(KX800)を購入!MacとWindowsのOSに対応

キーボード

Logicool MXシリーズのMX KEYS(KX800)を購入しました。

私は複数のPCを使っているため、必然的に机の上が多くのキーボードとマウスに占領されていきます。机の上は作業スペースとして使いたいので、複数のキーボードやマウスを置きたくありません。

購入したLogicool MX KEYSはパンタグラフでありながら打鍵感が良く、マルチペアリングに対応しています。

ここでは、Logicook MX KEYSのレビューをします。

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)
¥15,950(2021/06/12 10:06時点)
【パーフェクト・ストロークキー】指先の形状にあった球状にくぼんだキー。キーのどこを打ってもすべてのキーストロークが滑らかで精確
スポンサーリンク

Logicool MX KEYSの詳細

スペックとデザイン

スペック

  • サイズ:20 x 430 x 132 mm
  • 重量:810g
  • カラー:グラファイト
  • リチウム電池パック:電池内蔵
  • マルチペアリング:3台まで対応
  • 接続方式:USBレシーバーかBluetooth
  • 充電方法:USB-Type C
  • キースイッチ:パンタグラフ

より詳細は Logicool公式サイト を参照下さい

ロジクールMX Keysワイヤレス イルミネーション キーボード
MX Keysを購入。クリエイティブなユーザー & プログラマー用に設計。3台のデバイスとのペアリングを簡単に切り替え。Win、Mac、Linux, iOS & Android OSに対応。

デザイン

本体がメタルプレートによって覆われているので、とても丈夫な構造です。キーボード裏面に滑り止めが付いているため、タイピング時でも滑りません。

キーボード右上には電源スイッチと充電用のUSB-Type Cが付いています。

キーボードの傾きは固定になっています。

キースイッチ

Logicool MX KEYSのキースイッチはパンタグラフです。

キースイッチの指が当たる部分は凹みがあり、タイピング時に指がフィットするため、安定した使用ができます。

キースイッチのバックライトは手が近づいた瞬間に点灯し、照明条件に合わせて自動的に明度調整が可能です。そのため不要なバッテリー消費を防ぐことができます。

簡単に4種類のキースイッチの種類について解説します。

メンブレン

価格は非常に安いですが、打鍵感は微妙です。家電量販店で売っているのは、ほとんどこれになります。

パンタグラフ

価格の安さに加えて、キーが薄く軽いという特徴を持ちます。静音性に優れていますが、キーストロークが浅く打鍵感は「ペチペチ」であまり良くありません。

メカニカル

価格は高いですが、打鍵感はかなり良いです。いわゆるゲーミングキーボードに多く採用されています。 特徴的なのは、メカニカルの中にもさらに区分けがあることです。「赤軸」、「茶軸」、「青軸」、「銀軸」、「黒軸」があり、 打鍵時の打鍵感が良いもの、静穏性重視やキースイッチが反応するストロークを浅くして、反応速度を重視したものなど色々あります。

おすすめのメカニカルキーボード 「Logicool K835 TKL」のレビューはこちらから↓

静電容量無接点

価格は非常に高いですが、キースイッチが物理的に接触しないため、耐久力がかなり高いことが特徴です。また打鍵感もかなり良いと言えます。 東プレのREAL FORCEやHHKBがあげられますが、Amazon等で検索してみて下さい。価格が3万円くらいする高級品です。

Logicool MX KEYSの打鍵感

Logicool MX KEYSの打鍵感はかなり良く、パンタグラフと思えないくらい素晴らしいと思います。

一般的にパンタグラフのキーボードは押した感じがしないため、快適な打鍵感が得られません。しかし、Logicool MX KEYSは他のパンタグラフに比べて、キースイッチを押している感があります。

タイピング時の静音性は非常に高く、私が使ってきた色々なキーボードの中でも、最高クラスの静音性です。静音性を求めるのなら、パンタグラフが良いと思います。

赤軸のメカニカルキーボードは静音性に優れていますが、それでもパンタグラフキーボードの上です。もちろん快適な打鍵感は赤軸のメカニカルキーボードのほうが圧倒的に優っています。

Logicool MX KEYSのペアリング方法

ペアリング方法はUSBレシーバー(Unifying)とBluetoothの2種類があります。

2種類のペアリング方法について解説します。

USBレシーバー(Unifying)のペアリング方法

Windows: 「Fn」+「P」を3秒間押して、USBレシーバーをPCに挿す。

Mac: 「Fn」+「O」を3秒間押して、USBレシーバーをPCに挿す。

Bluetoothのペアリング方法

キーボード右上のペアリングボタンから行います。

ペアリングさせたい番号「1~3」の1つを3秒間押すと、押した番号がペアリングモードになります。

Logicool MX KEYSのファンクションキーの切替

キーボード上部のファンクションキー(Fn)はF1〜F12の役割以外にも、メディア機能として設定可能です。

初期設定はメディア機能に設定されているため、ファンクションキーを使うには「Fn」+「F1〜F12」を押す必要があります。

私はメディア機能よりファンクションキーとして使いたいので、設定を切り替えています。

切替方法は「Fn」+「Esc」です。

機能を切り替えたので、逆にメディア機能を使う場合は「Fn」を押す必要があります。他にも「Logicool Options」というソフトからも変更できます。

Logicool MX KEYSとCRAFTの違い

MX KEYS(KX800s)とCRAFT(KX1000s)の違いは「クリエイティブ入力ダイヤル」が付いているかいないかです。

クリエイティブ入力ダイヤルは対応したアプリケーションにおいて、固有の操作設定ができます。また音量調整などの機能を割り当てることも可能です。

金額も結構な差があります。(Logicool公式サイトからの抜粋です。)

Logicool MX KEYS:15,950円
Logicool CRAFT:21,780円

Logicool CRAFTとどちらを買うか迷う人も多いと思います。

Logicool MX KEYSも高価なキーボードのため、ここまでお金を出したならLogicool CRAFTを買っても良いかなと思っていました。

買わなかった理由は、クリエイティブ入力ダイヤル追加に+6,000円は高いと思ったからです。

Logicool MX KEYSの気になるところ・・・

Logicool MX KEYSは良くできたキーボードですが、気になる点もあります。私の気になる点を列記したので、購入時の参考にして下さい。

価格が高い

何はともあれ価格が高いです。LogicoolのMXシリーズなので、高いのは当然かもしれませんが、簡単に買える金額ではありません。

Logicool MX KEYSはメカニカルキーボードでもなく、単なるパンタグラフキーボードです。

パンタグラフキーボードはコスパが売りのキーボードだったはず。事務用途のパンタグラフキーボードで16,000円は高いと言わざるを得ません。

誰もが買う必要はない

マルチペアリング不要な人は買わなくていいと思います。

Logicool MX KEYSの最大の魅力はマルチペアリングです。ボタン1つで接続デバイスを切り替えることができ、OSに捕らわれないためWindowsやMac、またはタブレットにも使用可能です。

接続デバイスが1つと決まっているのなら、他のキーボードを買ったほうがいいと思います。16,000円出せば、かなり選択できるキーボードがあるためです。

Logicool MX KEYSは高品質・高性能ですが、決してコスパに優れたキーボードではありません。

マルチペアリングのみ目的であれば、LogicoolのK780(テンキー有)やK380(テンキー無)でもいいでしょう。

角度調整機能は無い

キーボードの角度を調整することができません。キーボードの構造自体が傾いているため、ある程度の傾斜はあります。

価格が安いキーボードであれば、角度調整機能が無くても構いません。しかし、このLogicool MX KEYSは高級キーボードなので、角度調整機能を付けるべきと思います。

Logicool Parm Restも一緒に購入済

MX KEYSと一緒にParm Restも購入しました。

表面
裏面

Logicool Parm Restは薄く弾力があり、しっかりと手首を支えてくれます。

私はリストレストを使う派です。特にブログや記事を執筆するようになってからは、手首が慢性的に疲れるようになりました。そのため少しでも手首の疲れを軽減するために、リストレストを導入しています。

MX KEYS専用のリストレストなので相性は抜群

リストレストのメリットはキーボードと手首の高さを同じにできることです。特に厚みのあるメカニカルキーボードを使う人は、リストレストの有無による違いを感じることができます。

ロジクール パームレスト MX10PR グラファイト キーボード用 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)
¥2,000(2021/06/22 14:19時点)
【長時間の作業を快適に】手首をしっかりサポートするデザインにより、手をリラックスした姿勢に保ち、何時間でも快適に入力作業が可能

まとめ

Logicool MX KEYS(KX800s)は非常に機能性の高い、隙のない完成度を誇るキーボードです。事務作業用キーボードの完成形と私は感じています。

特に複数のPCを使っている人にとって、マルチペアリングは非常に便利です。

しかし、全ての人に購入をおすすめしようとは思いません。高価なキーボードなので、購入前に一度は店頭で触れてみるといいでしょう。

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)
¥15,950(2021/06/12 10:06時点)
【パーフェクト・ストロークキー】指先の形状にあった球状にくぼんだキー。キーのどこを打ってもすべてのキーストロークが滑らかで精確
ロジクール パームレスト MX10PR グラファイト キーボード用 国内正規品 2年間無償保証
Logicool(ロジクール)
¥2,000(2021/06/22 14:19時点)
【長時間の作業を快適に】手首をしっかりサポートするデザインにより、手をリラックスした姿勢に保ち、何時間でも快適に入力作業が可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました