【レビュー】Razer  BlackWidow Lite購入!初のRazer製品はいかに?

キーボード

今まで色々なゲーミングデバイスを購入して使ってきましたが、なぜかRazerを使ったことがありませんでした。

特別理由はないのですが、LogicoolかHyperXだけで不自由がなかったためです。お店にいくとLogicoolとRazerのコーナーが大きくあるのに、Razerコーナーには行かなかった・・・

やっぱりガジェットブログとしてRazerは外せないと思い、ついにRazer製品の購入を決意しました。

初めて購入したRazerのゲーミングデバイスは、コスパのいいメカニカルキーボードです。

2週間使ってどうだったのか、詳しくレビューしていきます。

スポンサーリンク

BlackWidow Liteの詳細

BlackWidow Liteのスペックとデザイン

本体サイズ

  • 高さ: 36.2 mm
  • 幅: 361 mm
  • 奥行き: 133 mm
  • 重量: 660.9 g
  • 配列:日本語
  • キー: オレンジ軸
  • テンキーレス
  • 色:「Classic Blsck」と「Mercury White」の2色展開
Image Credit Razer 左:Classic Blsck、 右:Mercury White

Razerデビュー1発目は「 BlackWidow Lite」はゲーミングキーボードなので光ります! 今回はClassic Blackを購入しました。

有線式のためケーブルが付属していますが、キーボードとケーブルは取り外すことができます。キーボード側はMicroUSBです。

キースイッチは日本語配列ですが、日本語の刻印はありません。そのためスッキリしていて、カッコいいですよね。

ちなみに白色の発光は下のようになります。

BlackWidow Liteの設定

Razerの製品を購入すると「Razer Synapse」でカスタマイズできます。

私は「BlackWidow Lite」と「Basilisk X HyperSpeed」が登録されています。

「Basilisk X HyperSpeed」はまた今度紹介します。

私は設定を下記のようにしています。

効果:スタティック
ライティングをオフにする:ディスプレイがオフになったとき

省エネのためにも、使わないときは光らないようにしています。

Razerのキースイッチについて

キースイッチはメカニカルのオレンジ軸を購入しました。

Razerのメカニカルスイッチは一般的な軸と違い、独自の軸を使用しています。簡単にキースイッチの種類について紹介します。

Razer キースイッチの紹介

グリーン軸

打鍵感が良く、打鍵時に「カチカチ」音がします。打鍵音が大きいので、周囲への配慮が必要でしょう。いわゆる一般的な青軸と呼ばれるものです。

イエロー軸

キーストロークが浅く、深くキースイッチを押さなくても反応します。そのためFPSに人気のあるキースイッチです。

ただし、一般的な用途では、あまりオススメしません。キーストロークが浅いため、誤打の原因になるからです。

オレンジ軸

打鍵時の静穏性に優れたキースイッチです。打鍵感は「スコスコ」に近いといえます。

2週間使った感想

打鍵感がとても良く、完成度の高いゲーミングキーボードです。初めてRazerの製品を買いましたが、人気があるだけ品質の高さがうかがえます。Razerのゲーミングキーボードの中では安いほうですが、それでも1万円するので安くはないです。

Razerといえば緑色に光るイメージですが、白色に光るのもアリだなと感じました。普通にカッコいい!

Razer初心者としてコスパのいいキーボードから攻めてみました。今後は20,000円クラスのRazerキーボードを使ってみたいと思っています。

まとめ

初のRazerでしたが、買って満足でした。

正直に使いやすさは、RazerもLogicoolも代わりはありません。さすが世界的なゲーミングデバイスメーカーです。

これからは色々なメーカーのゲーミングデバイスを使用したいと思います。

とりあえず、メインPC「Logicool」、サブPC「Razer」で統一するかな。

Logicoolのキーボードレビューもあわせてお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました