【レビュー】Anker Magnetic Cable Holderを購入しました。マグネット式で取り外しも便利!

アクセサリー

ガジェット趣味の人は、色々なデバイスを使用するため、机上のケーブルが増えてしまいます。

ケーブルを使わないワイヤレス対応デバイスを使用することで、机回りはグッとスッキリします。しかし、どうしても全てのケーブルをワイヤレスにすることは不可能で、特にUSB-Cケーブルは机上に置かざるをえません。

ケーブルホルダーを使用すると、ケーブルをまとめられるため綺麗に見えます。

Ankerのケーブルホルダーは1本1本ケーブルを固定でき、マグネット式で脱着可能なので非常に便利です。今回は、Amaonで人気なケーブルホルダー「Anker Magnetic Cable Holder」をレビューします。

Anker Magnetic Cable Holder 2個セット マグネット式 ケーブルホルダー ライトニングケーブル USB-C ケーブル Micro USB ケーブル 他対応 (ブルー)
Anker
¥2,990(2021/09/28 10:44時点)
デスク周りをスマートに:内蔵のマグネットと付属のマグネットクリップによりライトニングケーブルやMagSafeケーブル、USB-C ケーブル、Micro USBケーブル等の直径3.5mm以下の幅広いケーブルに対応し、ケーブルの散乱や落下を防ぎ、デスク周りをスマートに整理することができます。
スポンサーリンク

Anker Magnetic Cable Holder の詳細

デザイン

Ankerのパッケージはブルーとホワイトのツートンカラーです。

私は2セットタイプを購入しました。1セットごとに1パッケージだと思っていたので、2セットまとめて入っているとは知りませんでした。

台座

表面の材質はラバータイプで手触りは良いです。

裏面はかなり強力なマグネットになっています。

マグネットだけで十分強力に固定できますが、マグネットが吸着しないときは保護シートを剥がして接着させることもできます。

Image Credit Anker

留め具

ケーブルを1本ごと通して使います。使用できるケーブルは直径3.5mm以下です。

こちらの裏面にもマグネットが貼ってあるように見えますが、マグネットではありません。台座にマグネットが仕込んであり、留め具は鉄片が入っています。

留め具だけでは冷蔵庫などには吸着しないので注意ください。

留め具は最大5個まで台座に取り付けることができます。

実際にケーブルを通すと、このような感じになります。

マグネットはかなり強力

マグネットの吸着力が想像していた以上に強力で驚きました。以前購入した他メーカーのマグネット式ケーブルホルダーは、マグネットが弱すぎて使えませんでした。

留め具にケーブルを通した状態で台座に固定し、反対に向けても全く落ちません。

冷蔵庫などのマグネットが吸着する面なら、強力に固定ができます。

あまりに強力だったので、試しにXperia10 Ⅲを接続してみました。スマホ1台ぶら下げても、しっかりと吸着しています。

他のカラーが欲しい・・・

とても満足のできるケーブルホルダーですが、ブルーカラーしかありません。Ankerらしいカラーといえばそうですが、良い製品なだけにブラックやホワイトがあっても良いと思います。

発売して1年近くたちますが、新色を発表しないところをみると、新しいカラーを展開する気はないようです。

汎用性のあるブラックやホワイトが出れば、部屋中に設置したのに残念で仕方ありません。

まとめ

これまで両面テープタイプのケーブルホルダーを使用していましたが、面倒くさくなって使わなくなりました。

一般的なケーブルホルダー

理由としてはケーブルを使った後に、もう一度留め具にケーブルを通すのが手間だったからです。

「 Anker Magnetic Cable Holder 」は留め具に何度もケーブルを通す必要がなく、かなり便利に使用できます。

価格も2セットで3,000円と安いので、ぜひ使ってみて下さい。

Anker Magnetic Cable Holder 2個セット マグネット式 ケーブルホルダー ライトニングケーブル USB-C ケーブル Micro USB ケーブル 他対応 (ブルー)
Anker
¥2,990(2021/09/28 10:44時点)
デスク周りをスマートに:内蔵のマグネットと付属のマグネットクリップによりライトニングケーブルやMagSafeケーブル、USB-C ケーブル、Micro USBケーブル等の直径3.5mm以下の幅広いケーブルに対応し、ケーブルの散乱や落下を防ぎ、デスク周りをスマートに整理することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました