【レビュー】2022年の高コスパスマホのGoogle「Pixel7」を1週間使った感想

スマホ

Googleのスマホ「Pixel7」を購入しました。Pixel6も購入しましたが、使いにくさから直ぐに放置・・・Pixel5が使いやすかっただけに、Pixel6は残念でした。

Pixel7発売当日もPixel6の印象から買うのをやめていましたが、高価買取キャンペーンに惑わされてPixel7を購入!

1週間使った印象は、Pixel6よりだいぶ良くなった!今回はGoogleのPixel7をレビューします。

スポンサーリンク

Pixel7の詳細

デザイン

Pixel7の「Obsidian」というブラックカラーを購入しました。光沢仕上げてツルツルの表面材質です。

Pixel6と比べてカメラ部分のデザインが洗練されました。

上側はマイク穴があります。

下側はスピーカーとUSB-Cです。

左側面にSIMスロットがあり、シングル対応です。

右側は電源ボタンと音量ボタンですが、一般的なAndroidスマホと配置が逆になっています。

スペック

  • ディスプレイ:6.3インチOLED、FHD+
  • サイズ:73.2mm x 155.6mm x 8.7mm
  • リフレッシュレート:90Hz
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB/256GB
  • プロセッサ:Google Tensor G2
  • 背面カメラ:広角50M、超広角12M
  • 前面カメラ:10.8M
  • スピーカー:ステレオ

カメラ性能が高く、現行機種では十分に高性能

PixelシリーズのカメラはAI技術でおぎなわれているので、静止画はトップレベルの美しさです。

私はブログに使うガジェット撮影に、Pixel5の頃からPixelシリーズを使ってきました。Pixelのカメラは被写体を自然に撮影できるので、ガジェット紹介時に誇張せず写せます。

Pixel7とPixel6で撮影したので、見比べてみましょう。

Pixel7とPixel6の比較

結論としては、Pixel7とPixel6に差があるように感じません。どちらも非常に高画質で、静止画撮影用のスマホとして十分な性能です。

広角

Pixel7
Pixel6

超広角

Pixel7
Pixel6

2倍ズーム

Pixel7
Pixel6

邪魔な物は消しゴムマジックで削除

色々と消してみましたが、どれだけ試しても消した箇所は多少歪みます。風景は歪みにくいようで、いい感じに消してくれました。

下の写真は右の木を消しましたが、違和感はありますか?

Pixel7 消しゴムマジック 右の木を消してます。

下が元の写真です。右に木がありますよね?これを消しゴムマジックで消してみました。

Pixel7

当然だと思いますが、大きい物や中央にある物を消すと不自然な写真になります。消しゴムマジックは写真の端に映った物を消す程度に使うと、いい感じに消してくれました。

暗所に強いナイトモード

かなり暗い場所で撮影していますが、しっかりと明るく撮れています。Pixelは強調し過ぎない写真になるので、明るさ補正も弱めです。

iPhoneやXiaomiのスマホも持っていますが、Pixelは自然に撮れる反面、写真映えは弱いと思います。

画面内指紋認証と顔認証のハイブリッドでストレスフリー

Pixel7から画面内指紋認証に加えて、顔認証が追加されました。シチュエーションに合わせて使い分けられるので大変便利です。

ただし、決済システムは画面内指紋認証しか対応していません。Pixel6の画面内指紋認証は酷かったのですが、Pixel7がかなり改善されています。

会社の同僚で覗き見防止フィルターを貼ると、画面内指紋認証が使えなくなる事象は確認できています。また、顔認証もマスクをしていると、解除することができません。

私は下記のように屋外と屋内で、認証解除を使い分けています。

屋外:画面内指紋認証

屋内:顔認証

1週間使いましたが、Pixel6に比べると非常に快適になりました。

処理性能は十分で高コスパに仕上がっている

Image Credit Google

「Google Tensor G2」はとても高性能で、普段使いにストレスを感じることはありません。有名なベンチマーク「Antutu」でも、75~80万点ほど出せています。

Antutuのみで評価すると、2021年のフラッグシップに搭載された「Apple A15 Bionic」や「Qualcom Snapdragon 888」と同性能です。

1年の型落ちになりますが、必要十分な処理速度を誇っています。Googleは最強のプロセッサではなく、必要な性能を持ったコスパのいいプロセッサを作りたかったのでしょう。

実際に、Snapdragon 8 gen 1(Antutu 95万点)のXiaomi12も持っていますが、体感で違いがるように思えません。

Google Pixel純正ケースがカッコ良くなった

今回のPixel7純正ケースはカッコいいですね。

左:Pixel6純正ケース、右:Pixel7純正ケース

Pixel6の純正ケースはクリア素材で、悪く言うと安っぽい感じでした。Pixel7の純正ケースは色が濃くなり高級感が高めです。

Pixelシリーズはサードパーティのケースがあまりなく、純正ケースが1番いいと思います。

Pixel7の純正ケースはGoogle Storeからの購入になってしまい、Amazonや楽天市場からは買うことができません。また、配達に時間がかることや、郵便配達で置き配ができないことがネックだと思います。

まとめ

昨年はPixel6を購入して爆死しましたが、今年のPixel7はかなりいい感じに仕上がっています。指紋認証がまともに出来ないのは、ものすごくストレスでした・・・
(Pixel5に戻したいと何度思ったことか・・・)

静止画のカメラ性能は非常に高く、自然に仕上げてくれるため、個人的にはiPhoneよりも好みです。

なんといっても、Pixel7のコスパの良さは驚異的だと思います。独自プロセッサやカメラ性能はハイエンドクラスを搭載し、下取りプログラムを使うと2万円で購入可能です。

カメラ性能が高くて処理性能の高いAndroidスマホが欲しい人は、GoogleのPixel7をおすすめします。

過去のPixel6のレビューはこちらから。

スマホレビュー
スポンサーリンク
シェアする
シュウをフォローする
スポンサーリンク
テラログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました