【レビュー】コンパクトキーボードならこれ!Logicool K380を紹介!

キーボード

数年前から販売されているベストセラー「Logicool K380」をいまだに現役で使用しています。コンパクトキーボードは他にも「Logicool MX KEYS mini」も持っていますが、コストパフォーマンスが高いのは「Logicool K380」です。

やはりMX KEYS miniは高額なキーボードなので、誰にでもお勧めできるわけではありません。その点、K380はコンパクトサイズで性能も高く、コストパフォーマンスにも優れています。

今回はベストセラーキーボードの「Logicool K380」を紹介します。

ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380OW Bluetooth ワイヤレス Windows Mac iOS Android Chrome K380 国内正規品
Logicool(ロジクール)
¥4,400(2024/04/20 20:15時点)
【スマホやタブレットでも使用できるキーボード】Windows、Mac、Chrome OS、Android、iOS、iPad、Apple TVに対応するマルチデバイスキーボード
スポンサーリンク

Logicool K380の詳細

デザイン

私が使い続けているK380はグラファイトカラーです。

背面のカバーを外して単4電池を2本入れます。

左側面に電源スイッチがあり、他のスイッチなどはありません。

スペック

  • 高さ: 124mm
  • : 279mm
  • 奥行き: 16mm
  • 重量: 423g(電池含む)

カラーは5色展開

私が購入した頃はグラファイトしかなかった気がしますが、ずいぶんとカラーが追加されています。今はグレージュが高級感があるので買い替えたいですね。

Image Credit Logicool

ローズ

Image Credit Logicool

グレージュ

Image Credit Logicool

グラファイト

Image Credit Logicool

オフホワイト

Image Credit Logicool

ラベンダー

狭い机でも置けるコンパクトなサイズ

Logicool K380を購入した人の大半は、コンパクトサイズのキーボードが欲しかったからではないでしょうか?

60%キーボードクラスのサイズなので狭い机の上でも、余裕を持って設置することが可能です。私はメインにフルサイズのMX KEYSを使用しており、K380をサブにして机の上に置いています。

Logicool K380はテンキーレスタイプなので数字入力を多用する人には向いていませんが、ほとんどの人は数字キーがなくても問題ないと思います。

また、キーボードを机の引き出しに収納している人にもおすすめです。会社などで使う場合は紛失を防ぐため、帰宅時は机の引き出しに片付けて帰ります。

フルサイズキーボードを引き出しに入れることは難しいので、Logicool K380くらいのサイズ感だと容易に収納可能です。

Easy-Switch機能で複数OSに瞬時に接続変更可能

異なるデバイスへの接続を瞬時に切り替えられる「Easy-Switch」を搭載しています。3台まで登録ができてWindowsだけでなくMacやiOSなどのスマホOSにも接続可能です。

キー配列はWindowsとMacの両方に対応しており、自分の好きなパソコンに使用すできるので、会社のWindowsと自分のMacの両方に使い分けることもできます。

そのため、1つのキーボードで様々なデバイスに接続できて、机の上に置くキーボードは1台のみになり作業の邪魔になりません。

約2年使い続けられる省エネ使用

アルカリ単4乾電池2本で約2年間持つのでバッテリー切れがほぼありません。

私は購入して3年くらいは経っていると思いますが、乾電池を1回か2回しか交換していないと思います。キースイッチのバックライト機能も搭載されていないので、無駄なバッテリー消費がなく省エネ仕様です。

バッテリー残量の確認は「Logi Options」画面からできますので、使用するパソコンにソフトをインストールしましょう。

少々クセのあるキースイッチ

特徴的な丸型キースイッチですが、慣れないと使いにくいと感じます。主に理由は2つです。

  • 角形と比べると打鍵面積が狭い
  • 押し心地の良くないペチペチ音のキースイッチ

丸型キースイッチが角形キースイッチに比べて押せる面積が狭く、キー入力しているつもりでも押せていないことがあります。

丸型のキースイッチはキー中心部を押す必要があり、ブラインドタッチで適当にキーを押そうとすると結構外す・・・

あと打鍵感が薄過ぎてキーを押したかどうか、わからないことがあります。キースイッチの静音性はかなり高いと思いますが、強く押すと底打ちするような感覚です。

総評としては、キーボードの入力性能だけでみると少々難ありだと感じました。

まとめ

Logicoolのコンパクトキーボードの代名詞ともいえるK380は非常に便利なキーボードです。価格も安く求めやすいので、誰にでも推奨できます。

狭い机でキーボードの設置に困っているなら「Logicool K380」がいいでしょう。ただし、お金に余裕があるなら「Logicool MX KEYS mini」のほうが、打鍵感がよく素晴らしいキーボードなので購入候補に挙げたいと思います。

ぜひ、一度検討してみてはいかがでしょうか。

ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380OW Bluetooth ワイヤレス Windows Mac iOS Android Chrome K380 国内正規品
Logicool(ロジクール)
¥4,400(2024/04/20 20:15時点)
【スマホやタブレットでも使用できるキーボード】Windows、Mac、Chrome OS、Android、iOS、iPad、Apple TVに対応するマルチデバイスキーボード
キーボードレビュー
スポンサーリンク
シェアする
シュウをフォローする
スポンサーリンク
ガジェットタイムズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました